□太陽光発電の検討に役立つポイント

2014年5月 4日 (日)

太陽光発電所としての丸4年の実績をまとめました。電気代の高騰に言葉なし…!

わが家が太陽光発電を始めてから4年が経ちました。毎年、消費量と料金を振り返っているのですが、昨年は電気代が大きく値上がりした年でした。原発の停止はともかく、燃料の値上がりと円高による為替変動が大きく影響していると思います。これからは、消費税アップがさらに家計に追い討ちをかけることでしょう。ココまで上がってしまうと、アベノミクスは本当に正しいのか?と思わざるを得ません。ちなみに、わが家が発電を開始したのが2010年4月なので、各年5月から翌年4月までの実績をもって年間実績としています。

続きを読む "太陽光発電所としての丸4年の実績をまとめました。電気代の高騰に言葉なし…!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

上がり続ける電気代に太陽光発電が効いた!5年間の実績を振り返る

この4月から、電気代がさらに値上げされるようです
それでなくてもこの冬は、例年以上に掛かってしまった印象があります。実際見直してみると、昨年の値上げがかなり効いています。太陽光発電を導入していなかったら、ずいぶんと高額なものになっていたこともわかりました。さらに控える消費増税とあわせて来年度からの太陽光発電についても考えてみました。

続きを読む "上がり続ける電気代に太陽光発電が効いた!5年間の実績を振り返る"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

補助金打ち切り&消費増税、そして買取価格下落…いま、太陽光発電に駆け込むべきか?

10日、経産省で有識者委員会が開かれ、この4月からの再生可能エネルギー買取価格について、議論がスタートしました。全量買取制度になる以前から、今時期になると次年度の補助金額や買取価格について取りざたされてきました。例年ならば、いろいろウワサが流れるものの、フタを開けてみなければわからない状況でしたが、今年は違います。

「消費増税」と「補助金打ち切り」がすでに決定。さらに先の委員会でも「売電金額(買取価格)の下落」はほぼ確実と見られ、太陽光発電に関して明らかなマイナス要素が3つも確定している「透明」な先行き。ある意味、安心して太陽光発電の設置に踏み切れちゃうってもんです。

続きを読む "補助金打ち切り&消費増税、そして買取価格下落…いま、太陽光発電に駆け込むべきか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

台風で太陽光発電が壊れたら…!各社の自然災害時保証【最新版】を調べていったら地震の対応策でフリーズ

「10年1度」「藤原の効果」など、年々ひどくなっていく印象の台風。日本に住んでいる以上避けられない自然現象ですが、最近では竜巻の被害も珍しいものではなくなりつつあります。

晴天時には絶好の場所でも、嵐の時には最も風雨にさらされるのが「屋根の上」。台風シーズンの今だから、太陽光発電パネルの「万が一」の対応を調べてみました。

続きを読む "台風で太陽光発電が壊れたら…!各社の自然災害時保証【最新版】を調べていったら地震の対応策でフリーズ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月21日 (木)

平成25年度の太陽光発電買取価格と補助金決定!減額でも経済的メリットありありの6つのポイント

今日は好天!今年初の2ケタを記録!

平成25年度の再生可能エネルギーの調達価格(以下、買取価格)が、ほぼ決まりました。また、国の太陽光発電の補助金も決まりました。先月、茂木経産大臣が発言したとおりになっていて、「調達価格等検討委員会」の皆さんは、本当にこれで良かったんでしょうか?

<太陽光発電の買取価格>
38円/kwh(10kw未満の家庭用システム)

<国の補助金>
20,000円/kw(kwあたり41万円以下のシステム)
15,000円/kw(kwあたり50万円以下のシステム)

24年度に比べると、買取価格は約1割、補助金に至っては4~5割減ったことになります。

「何となく損しちゃいそう」と太陽光発電の導入を諦めている人、いませんか?

太陽光発電に経済的なメリットだけを求めて、設置するのはどうかと思いますが、やっぱり、自分のフトコロを痛めて買うものだけに、「少しでも…」と思ってしまうのもまた人情ってもんです。そこで今回は、買取単価や補助金が下がってしまっても、太陽光発電はおトクなんです!というポイントをあげてみました。

続きを読む "平成25年度の太陽光発電買取価格と補助金決定!減額でも経済的メリットありありの6つのポイント"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

太陽光パネルを血液型で選んじゃったりしてみた。【ウェブサイトを更新しました!】

Blood type towel
Blood type towel / MShades

太陽光発電の導入を目下検討中の皆々様、一番の悩みどころは「一体どのメーカーのパネルにしたらいいんだ?」というところだと思います。結晶系シリコンやCIS、そしてHITとパネルの種類によって、発電量や価格はさまざま。日夜、計算と比較の繰り返し、でヘトヘトになっている方もいるのでは?

そんな時には趣向を変えて、自分の血液型で選んじゃうってのはどうでしょう?



「この人なにいってんだ?」と思われましたか?それがそうでもないんです。

太陽光パネルの発電方式は大きく分けて4つのタイプがありますよね。シリコン多結晶・シリコン単結晶・CIS・HIT ーそれぞれに特徴があり、価格や発電量が違います。でもこの違いが、巷で言われる血液型別の性格と、とってもリンクしていると思うんです

確かに、取付価格と収益性は非常に重要なことです。わが家も京セラのサムライとHITパネルでずいぶん悩みました。当時は、取付価格と収益性がちょうど「いってこい」でしたので、発電量は低いものの、見た目がカッチョよろしいサムライにしました。3年経った今でも、スッキリと収まった外観を毎日見るにつけ、ちょっといい気分になったりしています

発電量だけで言ったら、HITには敵いません。が、スタイリストのA型としては、サムライの見た目の良さに、いたく満足してしまうんです。自分の家につけるものだから、価値を感じるツボは、おカネが全てではないはず。そんな「頭ではわかっていても、性格的にどうしても譲れないコト」をちょこっと掘ってみたのが、血液型別太陽光パネル選びです

モノは試し。読んでみて「あるある」と思っていただければ、幸いです^ ^

↓こちらからどうぞ


Sun web『ちっさいお屋根のちっさい太陽光発電…しかもガス併用。』もよろしく
生データから各社パネル別の実力を探ってみました。購入検討中の方必見です


このエントリーをはてなブックマークに追加





Posted from Drift Writer on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

調達価格等算定委員会の模様を見てみました。残念な中にもヒントあり?


Video streaming by Ustream

先の19日に、9回目の調達価格等算定委員会が開かれました。再生エネの買取価格を議論する大事な場です。Uストリームで会議の模様が公開されています(上動画)が…かなり、残念な内容でした。



◉そもそも、マイクが不調で何しゃべっているのか聞こえないんですけど(−_−#)

会議の内容以前の問題で、そのまま、70分続けるなど、民間では到底あり得ないハナシ。経産省さんにはガッカリです。せっかく、良い取組みをしているのに、もったいないですよね。

◉家庭用太陽光発電の価格動向についての見解の相違がキニナル
そんな、よくわからない状況の中でも、委員のみなさんが、家庭用太陽光発電の普及に軸足をおいているのは伝わってきました。買取価格の算定のしかたが決まっているだけに、その前提となる設置価格を精査しようとする姿勢は全うで、少し安心しました。
一方で、事務局である経産省資源エネルギー庁は、設置価格が下落しているという判断を譲らず、平行線の印象。設置価格が安くなったということになれば、買取価格を下げる=国庫の支出を抑えられるワケで、お役所の立場としては、当然といえば当然なのですが…資料を見る限りでは、素人目でみても、この材料だけで言い切って良いのか?という思いは拭えません。 ここのところは、是非、しっかりと掘り下げていただきたい。

太陽光発電設置価格のばらつきと平均値資料

◉気になる補助金動向は次回明らかに!?
冒頭に、太陽光発電の補助金動向について触れている場面がありました。委員会の方から「国や自治体の(来年度の)補助金額がわからなければ、適正な算定はできない」との問いに対して、事務局側(経産省)が答えていたのですが、「現在調査中」とのこと。国も自治体も、来年度の予算審議の真最中ですからね。
しかし、「次回にはお伝えする」とのコメントもあったので、気になる補助金の動向も含めて、今後も注目していきたいと思います。



◉家庭用太陽光発電の位置付けのズレはどうなの?
残念ながら余剰買取の流れは変わらないようです。さらに「調達価格42円/kWhでは、調達期間10年でIRR3.2%が確保できないの ではないか」という提議についても「家庭用太陽光発電はソンをしないように配慮」というフレーズが繰り返されるだけ…まあ、趣旨としては理解できるし、その分、電気料金に跳ね返ってくるワケですから、一概に反論はできません。

サルでもわかるIRR(内部利益率)法の説明
via:KaitoBlogさん


でも、太陽光発電を設置する側としては「企業はこんなに儲かっているのに…」と割り切れないものが残りますよね、じっさい。これでは、自腹を切って設置するよりも、「ソフバンとかオリックスの屋根貸し発電でもいいか」となってしまいます(わが家はちっさいお屋根なので、全く利益は出ませんが…)。

屋根貸し発電については、発電事業者は儲かるし、太陽光パネルメーカーも儲かるし、庶民は経費負担なく多少儲かるしで、再生エネ普及に我われも参加しやすい「三方良し」の業態であるとアタマではわかっているのですが、個人的には気が進まないのです

◉買取価格を決定する大臣の発言に負けるな!
この調達価格等算定委員会は、あくまで意見を聞くための第三者委員会。最終的には、経産相が買取価格を決定するので、どれほどの効力を持つのか、今回は、意見書と大臣決定の違いをよく見ていきたいと思ってます。
先月の段階で、早くも(買取価格を)下げると言い放っている茂木大臣ですから、一体どのような決定が出るのか…

昨年はGW直前に意見書が提出されているので、委員会はあと2〜3回くらいの開催なのでしょうか?ぜひ、納得性の高い議論をしていただきたいと祈るばかりです。


このエントリーをはてなブックマークに追加





Posted from Drift Writer on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

太陽光発電webサイトを更新しました!導入の参考になれば幸いです…^ ^

ここのところ、放置しっぱなしだったwebサイトのTOPページをリニューアルしました。 太陽光発電の導入を検討されている方が、参考になりそうな部分をピックアップして、よりわかりやすくいじってみたつもりです。

私のwebサイトの中で、一番見ていただいているのは、実際の発電量で各社のパネルを比較してるページです。2年間に渡り、webで発電量を公表されているユーザーさんの生データをもとに、独自の補正を加え、メーカーも設置場所も違うパネルの発電量を、出来るだけ同じ条件の想定で比較しています。2年間の長期データですので、平準化されたものになっていると思います。複数のメーカーでパネル選択を迷っている方はぜひ一度ご覧ください。また、実際の発電量をもとにしているので、業者の提案書が現実とかけ離れたものかどうか、判断できる材料のひとつになるのではないかと思っています。

その他、導入後の省エネ効果や設置のスケジュール感など、わが家のデータを隠すところなく公開しています。私も導入に際しては、先輩方のサイトにずいぶん教えていただきました。

ショボい内容で恐縮ですが、これから発電所仲間にならんとする皆様の一助になれば、こんなにウレシいことはありません。
今度とも、当ブログにあわせて、webサイト『ちっさいお屋根のちっさい太陽光発電…しかもガス併用。』もよろしくお願いいたします。

webサイト『ちっさいお屋根のちっさい太陽光発電…しかもガス併用。』は
こちら。




Posted from Drift Writer on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

『楽天ソーラーは、ほんとーに安いのか?』③ 画期的なポイントキャンペーンで憂鬱な雨の日もおトク!

価格の安さを全面に押し出している楽天ソーラー。でも、太陽光発電を既に設置しちゃった立場からすると、思わずグッときてしまうのが楽天ソーラー独自の「雨の日ポイント」。既存ユーザーからすると、実はこのサービスが一番画期的に見えたりします。なぜって、太陽光発電ユーザーにとって、発電しない雨の日ほど恨めしいモノはないから。大枚はたいて設置した太陽光パネルも、発電できなきゃ「ただの板」ですから。





◉条件はあるけど、楽天ならではのステキなサービス!
あくまでも「キャンペーン」ということで、「突然やめちゃうかもしれません」だったり、「メールマガジン配信とセット」だったり、但し書きはあるけれど、雨の日になるとブルーになってしまう太陽光発電ユーザーのココロを揺さぶる素敵なサービスだと思います。楽天がソーラー事業に乗りだしたのも、三木谷社長の実家が太陽光発電をつけたことがキッカケだったということですので、ユーザーの気持ちがおわかりなんでしょうね、きっと。

◉一体どのくらいおトクなのか?
この「雨の日キャンペーン」ですが、雨の日が10ポイント、曇りの日でも3ポイントの付与ということです。横浜エリアの場合、年間で雨天126日、曇りが158日だから…

10×126 + 3×158 = 1734ポイント

年間でこれだけ?なんていうこと無かれ。例え1700ポイントだって、加算は加算。楽天以外の太陽光発電ユーザーなら、ただ発電しないだけなんだから、この差は大きいのであーる。まあ、あくまでも、楽天独自の基準での天候判定を強調しているので、そんなにうまいこといくのかは、わかりませんけど…その心遣いというか、姿勢に好感が持てちゃうのです。
横浜エリアの天候はこちら

◉さらに、購入時に楽天スーパーポイントを付加!
購入の際には、ポイントでの支払いはできないものの、購入金額100円につき1ポイントの付与。もともと安い上に、さらに1〜2万円の実質値引きというワケです。楽天サイトで、カンタンな発電シミュレーションだけでもやってみる価値ありですね。

詳しくはこちら。今なら現地調査申込で2,000ポイントプレゼント!

楽天ソーラー






Posted from Drift Writer on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

後悔しないための「太陽光発電導入時の5つのポイント」


前回のエントリで、太陽光発電の導入は、今がキメどきではないか?と書きました。次は実際に検討していく時のポイントについてです。

わが家の場合は、次年度の補助金や売電価格に不安を覚え、ちょうど3年前の今時期から動いて、駆け込みで年度内設置にこぎつけました。ほとんど行き当たりばったりでキメてしまったので、全く後悔していないかと言えばウソになります。価格の面やパネルの選択…「もう少し勉強しておけば」と思うところも多々あります。そんな実体験を踏まえて「後悔しないための5つポイント」を考えてみました。





◉太陽光発電で後悔しないための5つのポイント

①手間と満足度は比例する
自分で調べて、自分で選ぶのが何よりも大切です。太陽光発電のこと、オール電化のこと…勉強すればするほど、ベストな選択に近づきます。

私が導入した3年前は「悪徳業者に騙されないようにするにはどうするか?」的なアプローチが多かったのですが、今は大手の参入も増え、そういうブラックな部分は少なくなってきたように感じます。メーカーの性能の違いや搭載量と発電量の関係など…業者が提示する発電シミュレーションが「絵モチ」かどうか判断できるくらいにはなりたいものです。今はいいサイトがたくさんあるので、ググれば、情報はいくらでも手に入ります。今年度中の申請には、十分間に合わせることができるはずです。

私が今だに残念に思っているのは、ソーラーフロンティアをつけなかったこと。当時はCISパネルといえば「安いけど発電しない」と言われていて、それを鵜呑みにしてました。シリコン結晶型とは異なるパネルの特性や公称最大出力のなんたるかも理解していなかったので…もっと勉強しとけば良かった。

←ソーラーフロンティアの見積りなどはこちらから!


手前味噌ですが、私の記事もよろしければ参考までに。
(ほんとーに)『ソーラーパネルは黒がいい!』のだ!と、やっと言い切れちゃいそう…ソーラーフロンティアの評判は真実!?
http://hug-hug.way-nifty.com/blog/2012/04/post-060a.html


生データで検証!各社パネルの発電量比較。2年間に渡り、パナソニックやソーラーフロンティア、シャープなど各社の実際の発電量を比較しています。
http://smallsolar.web.fc2.com/data-hikaku.html

②ともかく、相見積もり!ダブルで取ればなお安心^ ^
ここがわが家の一番の反省ドコロ。勢いで訪問販売業者一本でキメてしまったため、ずいぶん高い買物になっしまった気がしてます。発電量などを騙られたわけではないので、悪徳業者に引っかかったのではなく、単純に高い業者を選んでしまっただけですT_T
今は無料でいくらでも頼めますから、いい時代になりました。ひとつのサイトで複数業者の見積もりが取れるので、2サイト、3サイトにエントリーすれば、いっぺんに見積もりを取り寄せられます。今年度末までの短期決戦ですから、イッキにすすめたいものです。

おすすめ見積もりサイト
太陽光発電一括見積り.com
最短1分のカンタン入力で最大5社の見積もりゲット

【無料・最安】価格.comの太陽光発電一括見積り!複数社の見積りを比較!
安心の価格.com運営!見積もりが出たあと、口コミ掲示板でいろいろ聞けるのも魅力。

③オール電化の方が安上がりだが、リスクも認識しよう。
太陽光発電導入に際して、オール電化に切替えようと思っている方も多いはず。エコキュートの価格もずいぶんこなれてきたようですし、電気代が上がったとはいえ、ガス併用よりも光熱費は抑えられると思います。特に、プロパンガスのお宅には効果が大きいと思います。ただ、ライフラインが電力のみになるリスクは認識しておかなくてはなりません。
わが家の場合は、単純に、ガスコンロとガス暖房の使い勝手を手放せなかっただけですが。ガス代って結構高いですよね…^ ^

東京電力が値上げ③…それでも太陽光発電やオール電化、導入した方がおトクなの?
http://hug-hug.way-nifty.com/blog/2012/05/post-f3d2.html

わが家が太陽光発電だけを導入していたら…
http://smallsolar.web.fc2.com/shonendo-cost.html


エコキュートの沸きあげ設定を変更しました…エコキュートのしくみとメリット
http://hug-hug.way-nifty.com/blog/2013/01/post-5fca.html

④楽天ソーラーは必ず選択肢にいれてみよう!
見積りサイトの候補には出てこないので、直接、楽天サイトでカンタンシミュレーション。個人情報の入力もないし、パッケージメニューなので価格も明朗。もちろん、楽天スーパーポイントの対象ですから、相当おトクに貯められちゃいます。
京セラユーザーの私がいうのもなんですが、ココは必ず候補に入れて検討した方が良いです。各種ポイントサービスも含めて、総合的にみると、国産パネルの設置プランでは最強だと思いますが…

詳しくはこちら

楽天ソーラー



私のエントリでも取り上げています
楽天ソーラーがスゴイ!
http://hug-hug.way-nifty.com/blog/cat23365130/index.html

⑤節電の誓い継続しよう
コレ、大切です。わが家はワキが甘くなってきました。
導入初年度は節電意識が高かったので、シミュレーションを上回る収益でしたが、2年目、3年目とだんだんヘコたれてきて、真夏の日中などは「発電してる分使っちゃってもいいんだもんね〜」とエアコンかけちゃう体たらく…どんなに良いシステムを入れても、使う人間の志が肝心ですよね〜

以上が、私の後悔を反面教師にして、考えたポイント集です。太陽光発電を最安値で買えるノウハウ的なモノを期待された方は、ガッカリさせてしまったかもしれません。 「後悔」とはやめときゃ良かったと思うこと、もともと不安が少しあって、期待と結果の落差が激しい時に「やっぱり」と感じることだと思っています。太陽光発電でいえば、発電量や価格の相場など、最初にきちんと理解していれば、多少のことには「ま、こんなもんかな」と平静でいられるはずです。そのための情報だと捉えていただけば幸いです。

大枚はたいて、後悔を買うほどバカバカしいことはありません。価格もタイミングも全て、自分が納得できる「お買物」をしたいものです。残された時間は多くはないですが、まだ大丈夫。じっくり検討してください。そして暖かくなる頃には、晴れて発電所オーナーの仲間入りですね*\(^o^)/*





| | コメント (0) | トラックバック (0)