◆エコキュートの稼働状況・豆知識

2014年6月 7日 (土)

エコキュートを省エネモード『おまかせ低温』に切り替えた。長梅雨をうまく乗り切りたいなあ

昨日、6月6日。エコキュートのモード切り替えをした。ここからが、太陽光発電+エコキュートシステムの真骨頂。毎年楽しみな時期なのである。が、今年はあいにくの長梅雨の予報。雲の上には太陽さんさん…下界のワタシはじっとガマンの子なのだ。

続きを読む "エコキュートを省エネモード『おまかせ低温』に切り替えた。長梅雨をうまく乗り切りたいなあ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 7日 (土)

暖冬なのに…エコキュートのモード切替が1ヶ月も早い理由

冬にしては暖かい日が続きます。暑さより寒いのが苦手な私としてはとてもグッド。暖冬バンザイ!わが家のエコキュートにとっても、外気温が高いことは省エネ的に有利。今年の冬は光熱費をセーブできるはずだったのですが…

続きを読む "暖冬なのに…エコキュートのモード切替が1ヶ月も早い理由"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

エコキュートの沸きあげ設定を変更しました…エコキュートのしくみとメリット



大寒を過ぎたとはいえ、一年で最も寒い今時期。特に朝晩の冷え込みは、温暖な横須賀でも結構コタえるようになりました。わが家のエコキュートも、湯切れで日中に沸きあげるようになったので、モード設定を『深夜のみ』に切替えました。これだけでは「なんのこっちゃ?」という感じなので、エコキュートのしくみからご説明したいと思います。





エコキュートは、エアコンの室外機と魔法瓶がセットになったようなモノ

ヒートポンプという言葉を聞いたことがある方は多いと思います。エコキュートは、このヒートポンプでお湯を沸かす電気給湯器です。そして、ヒートポンプとは、空気中の熱を圧縮(正確には熱媒を圧縮)することで高熱化させるものです。

例えば、外気温が15℃ならば「15℃分の熱」空気中に含まれているわけです。それを取り込んで、コンプレッサー(圧縮機)で圧縮するとさらに高温になるんだそうです(なんと100気圧130℃!)。その熱を水道水に伝えて、90℃以上のお湯を沸かす…ま、冷やすためのクーラーや冷蔵庫と逆の原理です。こちらは、冷媒を膨張させることで、空気を冷却するワケです。文系の私にはこんな程度の説明しかできませんが、ご容赦を^ ^ご興味がある方はこちらのホームページがわかりやすいです



わが家のエコキュートは日立製BHP-F37GU

というわけで、エコキュートには、写真右側にあるようなエアコンの室外機にしか見えないキカイがついています。エコキュートの消費電力のほとんどは、このキカイの「熱媒の圧縮」に使われます。寒い時期は外気温も水温も下がるので、当然多くの電力を必要とします。


エコキュートは寒い地域が不得手?

そして、左側の長細い物体が「魔法瓶」=貯湯タンクです。エコキュートはガス給湯器のように、使いたい時に瞬間的にお湯を沸かすことができません。なので、みんなが寝静まった深夜に、粛々と翌日使う分のお湯を沸かして貯めておき、蛇口をひねると、水道水と混ぜて適温のお湯を供給する、というワケなんです。実は、この「お湯を貯めておく」というのが寒い時期には結構なロスをを生み出します。簡単にいえば、お湯が冷めてしまうんですね_| ̄|○

お湯を貯めておく貯湯タンクを「魔法瓶」と書きましたが、せっかく電力を使ってつくったお湯(熱)を出来るだけ逃がさないように、上位機種では真空断熱などの工夫がされています。わが家のエコキュートは、残念ながら普及タイプ。断熱材が発泡スチロールだから、ちと冷めやすいんですね。それを補うために、より多くのお湯が必要になってしまうんです。寒冷地では、屋内にタンクを設置するそうですから、この放熱ロスはバカになりません。



とはいえ、湯沸かしにかけては、相当の省エネ。コスパも結構良くなってきました!

冬季はヘタレなエコキュートですが、元来、非常に効率の良いキカイ。ヒートポンプの働きで、投入エネルギー(電力)に対して、得られる熱エネルギーが3倍以上と相当な働きモノです。給湯器といえば、旧来からのガス湯沸器、最新では燃料電池で給湯しながら発電するエネファームとよりどりみどり。イニシャルコスト(購入代金)とランニングコスト(月々の光熱費と修理などの維持費)のバランスで考えると、個人的にはエコキュートが一番だと思っています。ガス給湯器はランニングコストが高いし、エネファームは魅力的ですが、大仰すぎるのと、給湯量以上は発電できなかったり、何よりまだまだ高価すぎて、イニシャルの回収ができない…エコキュートは価格が随分とこなれてきたようなので、電気代が上がったとはいえ、十分回収が見込めると思います。特にプロパンガスを使っているお宅だと、切り替えるメリットはさらに大きいと思いますねえ〜

エコキュートの導入には、時間帯別電灯契約(東京電力では電化上手)にして、夜間の安い電力を給湯にあてるのがフツウですから、昼間に活躍する太陽光発電との相性もバッチリです。


電気代が上がってもオール電化がおトクな試算はコチラ
http://hug-hug.way-nifty.com/blog/2012/05/post-f3d2.html


わが家のエコキュート&太陽光発電の実績データはコチラ
http://smallsolar.web.fc2.com/


太陽光発電は1にも2にも相見積もり!


Posted from Drift Writer on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

エコキュートの湯量設定を変更しました!冷えてくるとやっぱりお湯の減りが早い…



「お湯が切れたと言われるのが感じ悪い」

と妻からクレーム。季節の変り目には恒例となってしまった。f^_^;)ここの所グッと冷えてきたので、エコキュートのお湯の持ちが悪くなってきました。と言っても、クルマのエンプティランプと一緒で、湯切れ警告が出ても、あと50Lはイケるんですけどね。エコキュートはこうりつでいったら、一日の最後にお湯を使う場面で、完全に湯切れするのが理想。もう少しガマン…と思うのですが、妻は機械に文句つけられるのが嫌なようです…だって、突然水しか出なくなる方が困るでしょう…

まあ、毎度のことなので、『おまかせ低温』から『おまかせ高温』に設定を切り替えました。低音と高温の違いは、過去一週間の使用湯量の「平均」と「最大量」。当然、高温の方が電気代がかかります。同時に、浴槽のお湯も冷めやすくなってきたので、浴槽39→40℃ 給湯40→41℃にあげました。

冬は、水温下がるから、沸きあげもかかるし、外気温も当然下がるので、タンクのお湯が冷める、浴槽のお湯も冷めやすいので追い焚きにもかかる。そんなわけで、エコキュートといえども、ガス湯沸かし器と同様、夏よりも効率が悪くなるんですね。太陽光発電も日が短くなるので、発電量は低下。給湯増と発電減のダブルパンチが春まで続きます…

今は、エコキュートにも浴槽にも真空断熱材を使って、熱を逃がしにくいものがありますよね。発電が下がる時期だから、次に買い換える時は、ぜひそのタイプにしたいものです。




Click here to add a title

facebookページ
『北北東だし、ちっさいし。』を
始めました。
こちらもよろしくお願いします!

Posted from Drift Writer on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月25日 (土)

エコキュートの時計が遅れると、電気代が上がってしまうんです

Click here to add a title
6:59までは沸きあげ中。この時間帯の消費電力は1.2kwhくらい

Click here to add a title
7:00になると沸きあげ停止。これが重要!

先日、ちょっとショックなことが…
「パパ~お風呂場の時計遅れてるよ~」と娘。
…お風呂場の時計って…エコキュートの時計が遅れているってことかあ!?それは、マズイ~と私。
オール電化の方にはお馴染みですが、ガス併用のわが家も、給湯はエコキュートなので、季節別時間帯別電灯(東京電力では「電化上手」と呼んでます)で契約しています。その名のとおり、時間帯ごとに電気料金が変わり、夜間→朝夕→昼間の順に料金が高額になっていきます。そして、夏季期間は昼間の料金がさらに高額となります。つまり、「電力需要が多い時間帯や季節は高いけど、電力需要が減る夜間は、その分安く売りますよ」という仕組みです。
エコキュートの場合、湯沸かしに大量の電力を使うため、「電化上手」を導入し、電気代が安くなる夜間に1日分のお湯を作ってしまうというのが一般的です。なので、時計が遅れていると、料金が高い朝の時間帯に掛かってしまうので、時刻合わせは結構重要なのです。まさか、5分も遅れているとは…導入して丸2年になりますが、こんなことは初めて。頻発するようなら修理も必要になるのかもしれません( ̄ー ̄)

ちょっと心配なので、今度は5分進めてセット。このまま何事も起こらなければ良いのですが…。

Sun web『ちっさいお屋根のちっさい太陽光発電…しかもガス併用。』もよろしく
エコキュートの導入効果を掲載。購入検討中の方必見です



Posted from DPad on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

エコキュートのホースを補修しました

Click here to add a title

エコキュートを設置して、来月で丸2年。今のところ故障もなく、順調に動いていますが、ちょっと気になるトコロが…
配管ホースのテープが痛んできて、配管がむき出しになってしまいました。こんな寒さですから、湯温のロスも心配だし、よく見ると、所々劣化が進んでいて、この辺で手を入れておいた方が良さそうです。

Click here to add a title

というわけで、エアコン配管用テープを買ってきて補修してみました。本来なら、配管を全部外して巻き直しとなるのでしょうが、今回は応急処置的に破れたところを上貼りだけ。テープを巻く作業だけでもシロートは大変で、やっぱり、それを生業にしてる方の足元にも及びません_| ̄|○

それにしても、南側は紫外線による劣化が激しいですね。陽あたりが良いのもいいことばかりではありません。そういえば、太陽光発電を付けたのも南側の劣化の早さがきっかけでした…
詳しくはこちらを!
Sun web『ちっさいお屋根のちっさい太陽光発電…しかもガス併用。』もよろしく
生データから各社パネル別の実力を探ってみました。購入検討中の方必見です



Posted from DPad on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

エコキュートの設定を戻しました…

110503_0025371

先日「おまかせ低温」モードにしたエコキュートですが、夜10時ごろに湯切れが頻発。

「なんかお湯使いすぎって言われてるみたいで感じ悪い」

と妻からクレームが入り、「おまかせ高温」に逆戻り。ちょっと時期尚早だったようです…もう少し気温と水温が上がってこないと1日の使用分は確保できなかったみたいです。

ちなみに、ここしばらくの使用湯量を見るとほぼ50%台。給湯温度は42℃・湯張り温度は39℃の設定です。

これでまた、一日あたり、2~3kwは電力消費がかさんでしまいます。

ま、プラス20~30円程度で家族のストレスが無くなるのなら安いもんかもしれませんね。。。

Sun web『ちっさいお屋根のちっさい太陽光発電…しかもガス併用。』もよろしく

↓クリックいただければ励みになります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

エコキュートの設定を変えました

Ecocute

4月16日からエコキュートを設定変更しました。
それまでは『おまかせ高温』
最低気温があがってくると、お湯を使う量が減ります。沸かした分を使い切れなければロスになるので、『おまかせ低温』に切替。
安い深夜電力を使っているとはいえ、もったいないですからね。
沸かす時間が短くなり、消費電力も一晩で3Kwhくらいは削減できているようす。
暖かくなってガスの暖房も減っているので、これから夏にかけてが太陽光発電+エコキュートの真骨頂です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)