« 京セラ首位キープも、パナソニックの猛追に注目! ソフトバンクの太陽光発電実績 2013.2〜3月 | トップページ | 最大発電量13kwhを導入後最速で達成したヨロコビもつかの間、電力の使いすぎが発覚T^T »

2013年5月 2日 (木)

天候不順の中、パナソニックは前年クリア。累計発電量はソーラーフロンティアが再び首位に! ソフトバンクの太陽光発電実績 2013.2〜4月

出典:SBエナジー

継続的にトレースしている、ソフトバンク(SBエナジー)の北海道太陽光発電試験場にある太陽光パネルメーカー各社の発電量比較です。苫小牧2カ所の平均値で比較しています。

記録的な天候不順(降雨)という逆境に耐え切ったのはパナソニックのみ。HITパネルの本領発揮といったところでしょうか?



今回は2〜4月合計の結果です。

1位 ソーラーフロンティア↑
2位 京セラ↓
3位 パナソニック↑
4位 シャープ↓※シャープとパナは同量ですが、前年比で順位決定
5位 三菱

と大きくランキングの変動がありました。


※1 各社とも設置パネル1枚の公称最大出力(w)
※2 苫小牧試験場2ヶ所合計の設置容量(kw)
※3 SBエナジー公表値(1kwあたり発電量)の苫小牧試験場2ヶ所合計の累計(kw)



ソーラーフロンティアが2ヶ月連続でランクをあげ、首位に返り咲きました。また、昨年は目立たなかったパナソニックですが、5メーカー中、唯一、前年以上の発電量をマークし続けています。
首都圏では観測史上最大の降雨量だった4月。試験場のある北海道も平年の1.5倍と太陽光発電にとってはアゲインストな天候であっただけに、実力の違いががあからさまに出てしまった感があります。
快晴時のMAXパワーの高さも、もちろん大切なのですが、一年の3分の2は曇りか雨という日本においては、悪条件下でも踏ん張れるパネル特性が、年間トータルでのパフォーマンスの高さにつながるのではないでしょうか?
メーカーのカタログからは、なかなか読み取れない部分ですので、上記の4月の実績には注目いただきたいと思います。

昨年の年間発電量を比較したデータはこちら。パネル選択の参考にどうぞ…
年間発電量No.1はソーラーフロンティア!ソフトバンクの太陽光発電実績 2012.2月〜2013.1月


このエントリーをはてなブックマークに追加


太陽光発電は、一にも二にも相見積もり!



Posted from Drift Writer on my iPad

|

« 京セラ首位キープも、パナソニックの猛追に注目! ソフトバンクの太陽光発電実績 2013.2〜3月 | トップページ | 最大発電量13kwhを導入後最速で達成したヨロコビもつかの間、電力の使いすぎが発覚T^T »

★ソーラーフロンティアがとても気になるもので…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556542/57290644

この記事へのトラックバック一覧です: 天候不順の中、パナソニックは前年クリア。累計発電量はソーラーフロンティアが再び首位に! ソフトバンクの太陽光発電実績 2013.2〜4月:

« 京セラ首位キープも、パナソニックの猛追に注目! ソフトバンクの太陽光発電実績 2013.2〜3月 | トップページ | 最大発電量13kwhを導入後最速で達成したヨロコビもつかの間、電力の使いすぎが発覚T^T »