« 気分がアガる、ワイヤレスマウス3機種比較。手の大きさと使用感 | トップページ | ハッピーバレンタイン!愛娘の手作りチョコでニヤケ度100% »

2013年2月13日 (水)

春の飲み物『ベニフウキ茶』〜今年のスギ花粉は大増量のようですね(>_<)

近所の早咲の桜が満開^ ^春ですねえ…
寒がりで、気温が下がると活性が落ちる私としては嬉しい季節なりました。日照が良くなってくるので、太陽光発電としてもウレシイ季節!

ですが…

春はつらーい「花粉の季節」でもあります(T ^ T)
ワタクシゴトですが、中学生の昔から、アレルギーパッチテストでは満点を獲得するほど「鋭敏な感覚」の持ち主。スギ花粉はもとより、イネ科でも、ブタクサでも、セイタカアワダチソウでも…何でもござれ。守備範囲がムダに広いのが悩みのタネなんです。





◉今年のスギ花粉は例年以上の予測…ツライ
今年は、花粉症の人間には辛いシーズンになりそうです…花粉の量が多い!昨年が軽かったので、余計ひどく感じるかもしれません。東京・神奈川あたりでも、グスグスしている方が目立ってきました。中には、今シーズンからデビューという方もいて、相当戸惑っている様子です。 花粉情報はこちら


◉ベニフウキ茶で「春眠」ナシ
花粉症の対処法としては、鼻うがいや鼻炎薬に始まり、注射とかレーザー治療などなど、今はいろいろあります。花粉症の「先輩」として、私が初心者(?)に勧めているのが、『ベニフウキ茶』。手軽さと眠くならないことでは一番ではないかと思ってます。(私も先輩に教えてもらったのですが^ ^)

それまでは、ずっと市販の鼻炎薬に頼っていたのですが、とにかく眠くなる!電車で熟睡するには最高の入眠剤なんですけどね…どこまでも、電車に乗り続けていられる身分でもないから、毎年この季節は、かなりナンギしてたもんです。

ベニフウキ茶』を知ってからは、鼻炎薬の力を借りずとも、何とか花粉シーズンを乗り切れるようになりました。漢方のように、飲み続けて体質を変えていく的なモノではなく、即効性があるのが有難い。

画像のように、濃いヤツをキュッと飲んでから出勤すれば、私の場合、夜10時くらいまでは何とか持ちます。花粉量が少なかった昨年は、ほとんどマスクレスで過ごせたほど

常用すれば、体質も変わって、花粉症とサヨウナラ!なんてステキな話もあるようですが、私はコーヒー党なのでやってません。一方で、あまりに症状が激しい方とか、ベニフウキ茶を飲んでも全く改善されない方もいるので、花粉症の程度と体質によって、効果のほどはマチマチのようです。

鼻炎薬に比べても、とても安価ですし、お茶ですから常用も可能。マイボトルの中身としても十分活躍すると思います。今は、スティックとかティーバックとか、いろいろ選べるようになったのもいいですね。普段から飲む方も増えているようで、大容量のものも目立ってきました。

ちなみに、私が愛用してるのは、粉末の小分けタイプ。朝しか飲まないので、1シーズンで、2袋くらいを飲みますかね、だいたい。

◉ベニフウキ茶がなくても、ペットの毛アレルギーが治った?
私のアレルギーのレンジの広さといったら、花粉のみならず、ハウスダストやペットの毛にも、しっかり反応してくれていました。掃除のたびにクシャミと鼻水が止まらないタチだったのですが、なんか治っちゃったんですよねえ…犬猫を飼い始めたら。ベニフウキ茶と出会う前だったので、残念ながら、そのおかげではないようです。

アレルギーの根本的な治療法のひとつに「減感作療法」というのがあるそうですが、素人的に解釈すると「アレルゲンに少しずつ体を慣らしていく」と言ったところでしょうか?私の場合は、犬猫と接しているうちに、少しづつ免疫ができたのかもしれません。だからと言って、杉林の真ん中に住もうとは思いませんけどね( ̄▽ ̄)


このコ達のおかげ?
このエントリーをはてなブックマークに追加




Posted from Drift Writer on my iPad

|

« 気分がアガる、ワイヤレスマウス3機種比較。手の大きさと使用感 | トップページ | ハッピーバレンタイン!愛娘の手作りチョコでニヤケ度100% »

◇環境関連・エコの話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556542/56757019

この記事へのトラックバック一覧です: 春の飲み物『ベニフウキ茶』〜今年のスギ花粉は大増量のようですね(>_<):

« 気分がアガる、ワイヤレスマウス3機種比較。手の大きさと使用感 | トップページ | ハッピーバレンタイン!愛娘の手作りチョコでニヤケ度100% »