« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月30日 (水)

太陽光発電webサイトを更新しました!導入の参考になれば幸いです…^ ^

ここのところ、放置しっぱなしだったwebサイトのTOPページをリニューアルしました。 太陽光発電の導入を検討されている方が、参考になりそうな部分をピックアップして、よりわかりやすくいじってみたつもりです。

私のwebサイトの中で、一番見ていただいているのは、実際の発電量で各社のパネルを比較してるページです。2年間に渡り、webで発電量を公表されているユーザーさんの生データをもとに、独自の補正を加え、メーカーも設置場所も違うパネルの発電量を、出来るだけ同じ条件の想定で比較しています。2年間の長期データですので、平準化されたものになっていると思います。複数のメーカーでパネル選択を迷っている方はぜひ一度ご覧ください。また、実際の発電量をもとにしているので、業者の提案書が現実とかけ離れたものかどうか、判断できる材料のひとつになるのではないかと思っています。

その他、導入後の省エネ効果や設置のスケジュール感など、わが家のデータを隠すところなく公開しています。私も導入に際しては、先輩方のサイトにずいぶん教えていただきました。

ショボい内容で恐縮ですが、これから発電所仲間にならんとする皆様の一助になれば、こんなにウレシいことはありません。
今度とも、当ブログにあわせて、webサイト『ちっさいお屋根のちっさい太陽光発電…しかもガス併用。』もよろしくお願いいたします。

webサイト『ちっさいお屋根のちっさい太陽光発電…しかもガス併用。』は
こちら。




Posted from Drift Writer on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

『楽天ソーラーは、ほんとーに安いのか?』③ 画期的なポイントキャンペーンで憂鬱な雨の日もおトク!

価格の安さを全面に押し出している楽天ソーラー。でも、太陽光発電を既に設置しちゃった立場からすると、思わずグッときてしまうのが楽天ソーラー独自の「雨の日ポイント」。既存ユーザーからすると、実はこのサービスが一番画期的に見えたりします。なぜって、太陽光発電ユーザーにとって、発電しない雨の日ほど恨めしいモノはないから。大枚はたいて設置した太陽光パネルも、発電できなきゃ「ただの板」ですから。





◉条件はあるけど、楽天ならではのステキなサービス!
あくまでも「キャンペーン」ということで、「突然やめちゃうかもしれません」だったり、「メールマガジン配信とセット」だったり、但し書きはあるけれど、雨の日になるとブルーになってしまう太陽光発電ユーザーのココロを揺さぶる素敵なサービスだと思います。楽天がソーラー事業に乗りだしたのも、三木谷社長の実家が太陽光発電をつけたことがキッカケだったということですので、ユーザーの気持ちがおわかりなんでしょうね、きっと。

◉一体どのくらいおトクなのか?
この「雨の日キャンペーン」ですが、雨の日が10ポイント、曇りの日でも3ポイントの付与ということです。横浜エリアの場合、年間で雨天126日、曇りが158日だから…

10×126 + 3×158 = 1734ポイント

年間でこれだけ?なんていうこと無かれ。例え1700ポイントだって、加算は加算。楽天以外の太陽光発電ユーザーなら、ただ発電しないだけなんだから、この差は大きいのであーる。まあ、あくまでも、楽天独自の基準での天候判定を強調しているので、そんなにうまいこといくのかは、わかりませんけど…その心遣いというか、姿勢に好感が持てちゃうのです。
横浜エリアの天候はこちら

◉さらに、購入時に楽天スーパーポイントを付加!
購入の際には、ポイントでの支払いはできないものの、購入金額100円につき1ポイントの付与。もともと安い上に、さらに1〜2万円の実質値引きというワケです。楽天サイトで、カンタンな発電シミュレーションだけでもやってみる価値ありですね。

詳しくはこちら。今なら現地調査申込で2,000ポイントプレゼント!

楽天ソーラー






Posted from Drift Writer on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

後悔しないための「太陽光発電導入時の5つのポイント」


前回のエントリで、太陽光発電の導入は、今がキメどきではないか?と書きました。次は実際に検討していく時のポイントについてです。

わが家の場合は、次年度の補助金や売電価格に不安を覚え、ちょうど3年前の今時期から動いて、駆け込みで年度内設置にこぎつけました。ほとんど行き当たりばったりでキメてしまったので、全く後悔していないかと言えばウソになります。価格の面やパネルの選択…「もう少し勉強しておけば」と思うところも多々あります。そんな実体験を踏まえて「後悔しないための5つポイント」を考えてみました。





◉太陽光発電で後悔しないための5つのポイント

①手間と満足度は比例する
自分で調べて、自分で選ぶのが何よりも大切です。太陽光発電のこと、オール電化のこと…勉強すればするほど、ベストな選択に近づきます。

私が導入した3年前は「悪徳業者に騙されないようにするにはどうするか?」的なアプローチが多かったのですが、今は大手の参入も増え、そういうブラックな部分は少なくなってきたように感じます。メーカーの性能の違いや搭載量と発電量の関係など…業者が提示する発電シミュレーションが「絵モチ」かどうか判断できるくらいにはなりたいものです。今はいいサイトがたくさんあるので、ググれば、情報はいくらでも手に入ります。今年度中の申請には、十分間に合わせることができるはずです。

私が今だに残念に思っているのは、ソーラーフロンティアをつけなかったこと。当時はCISパネルといえば「安いけど発電しない」と言われていて、それを鵜呑みにしてました。シリコン結晶型とは異なるパネルの特性や公称最大出力のなんたるかも理解していなかったので…もっと勉強しとけば良かった。

←ソーラーフロンティアの見積りなどはこちらから!


手前味噌ですが、私の記事もよろしければ参考までに。
(ほんとーに)『ソーラーパネルは黒がいい!』のだ!と、やっと言い切れちゃいそう…ソーラーフロンティアの評判は真実!?
http://hug-hug.way-nifty.com/blog/2012/04/post-060a.html


生データで検証!各社パネルの発電量比較。2年間に渡り、パナソニックやソーラーフロンティア、シャープなど各社の実際の発電量を比較しています。
http://smallsolar.web.fc2.com/data-hikaku.html

②ともかく、相見積もり!ダブルで取ればなお安心^ ^
ここがわが家の一番の反省ドコロ。勢いで訪問販売業者一本でキメてしまったため、ずいぶん高い買物になっしまった気がしてます。発電量などを騙られたわけではないので、悪徳業者に引っかかったのではなく、単純に高い業者を選んでしまっただけですT_T
今は無料でいくらでも頼めますから、いい時代になりました。ひとつのサイトで複数業者の見積もりが取れるので、2サイト、3サイトにエントリーすれば、いっぺんに見積もりを取り寄せられます。今年度末までの短期決戦ですから、イッキにすすめたいものです。

おすすめ見積もりサイト
太陽光発電一括見積り.com
最短1分のカンタン入力で最大5社の見積もりゲット

【無料・最安】価格.comの太陽光発電一括見積り!複数社の見積りを比較!
安心の価格.com運営!見積もりが出たあと、口コミ掲示板でいろいろ聞けるのも魅力。

③オール電化の方が安上がりだが、リスクも認識しよう。
太陽光発電導入に際して、オール電化に切替えようと思っている方も多いはず。エコキュートの価格もずいぶんこなれてきたようですし、電気代が上がったとはいえ、ガス併用よりも光熱費は抑えられると思います。特に、プロパンガスのお宅には効果が大きいと思います。ただ、ライフラインが電力のみになるリスクは認識しておかなくてはなりません。
わが家の場合は、単純に、ガスコンロとガス暖房の使い勝手を手放せなかっただけですが。ガス代って結構高いですよね…^ ^

東京電力が値上げ③…それでも太陽光発電やオール電化、導入した方がおトクなの?
http://hug-hug.way-nifty.com/blog/2012/05/post-f3d2.html

わが家が太陽光発電だけを導入していたら…
http://smallsolar.web.fc2.com/shonendo-cost.html


エコキュートの沸きあげ設定を変更しました…エコキュートのしくみとメリット
http://hug-hug.way-nifty.com/blog/2013/01/post-5fca.html

④楽天ソーラーは必ず選択肢にいれてみよう!
見積りサイトの候補には出てこないので、直接、楽天サイトでカンタンシミュレーション。個人情報の入力もないし、パッケージメニューなので価格も明朗。もちろん、楽天スーパーポイントの対象ですから、相当おトクに貯められちゃいます。
京セラユーザーの私がいうのもなんですが、ココは必ず候補に入れて検討した方が良いです。各種ポイントサービスも含めて、総合的にみると、国産パネルの設置プランでは最強だと思いますが…

詳しくはこちら

楽天ソーラー



私のエントリでも取り上げています
楽天ソーラーがスゴイ!
http://hug-hug.way-nifty.com/blog/cat23365130/index.html

⑤節電の誓い継続しよう
コレ、大切です。わが家はワキが甘くなってきました。
導入初年度は節電意識が高かったので、シミュレーションを上回る収益でしたが、2年目、3年目とだんだんヘコたれてきて、真夏の日中などは「発電してる分使っちゃってもいいんだもんね〜」とエアコンかけちゃう体たらく…どんなに良いシステムを入れても、使う人間の志が肝心ですよね〜

以上が、私の後悔を反面教師にして、考えたポイント集です。太陽光発電を最安値で買えるノウハウ的なモノを期待された方は、ガッカリさせてしまったかもしれません。 「後悔」とはやめときゃ良かったと思うこと、もともと不安が少しあって、期待と結果の落差が激しい時に「やっぱり」と感じることだと思っています。太陽光発電でいえば、発電量や価格の相場など、最初にきちんと理解していれば、多少のことには「ま、こんなもんかな」と平静でいられるはずです。そのための情報だと捉えていただけば幸いです。

大枚はたいて、後悔を買うほどバカバカしいことはありません。価格もタイミングも全て、自分が納得できる「お買物」をしたいものです。残された時間は多くはないですが、まだ大丈夫。じっくり検討してください。そして暖かくなる頃には、晴れて発電所オーナーの仲間入りですね*\(^o^)/*





| | コメント (0) | トラックバック (0)

補助金減額?太陽光発電を導入するなら今!と思える5つの理由

わが家に太陽光発電を導入してそろそろ3年。間には震災があって、再生エネ法があって、政権交代があって…と、太陽光発電を取り巻く情勢も、導入当時とはずいぶん変わってきました。補助金や売電金額の政策がめまぐるしく変わる(もしくは変わると言われていたけど結局変わらない^ ^)ので、太陽光発電をいつ導入するかで悩まれている方も多いのではないでしょうか?

私自身は「買える時が買い時」と思ってきたので、当ブログでも設置価格の安値動向などにはあまり触れてきませんでした。しかし、さすがに昨今の状況をみると、 「太陽光発電の導入を考えているなら、ここらでキメといた方が良い」 と思うようになりました。そのワケは大きく5つです。




◉太陽光発電を導入するなら今!と思える5つのワケ


①設置価格が安くなった。楽天ソーラーがトドメをさす!

わが家が導入した、3年前と比べて安くなっているのは当たり前ですが、経産省の報告によればたった1年前と比較しても、1割近くも低下しているそうなんです。おそらく、7月の固定買取制度スタート以降、パネルの生産量が増えたことで単価が下がったのと、施工業者の参入過剰で設置費用もダンピングされた結果だと思います。


個人的には、太陽光の大衆化に大きく貢献すると思っているのが「楽天ソーラー」です。今までの、太陽光発電の概念といえば「屋根の形状ごとに載せられるだけ載せる」「最新型のパネルを使う」つまり、コストをかけてでも発電量が最大限になるようにシステムを提案するというのが通例でした。そこを切り替えて、発電量はソコソコ。「パッケージ化×普及型パネル」で投資を極力抑え、収益につなげていくモデルを示したことで、ユーザーの裾野がぐっと広がっていくと思います。とにかく初期費用が安いので、日当たりが悪かったり、屋根が小さかったりと、従来だと到底回収できないような設置条件でもモトが取りやすくなりました。

経産省報告
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1301/22/news073.html


楽天ソーラーがスゴイ
http://hug-hug.way-nifty.com/blog/cat23365130/index.html


②来年度は、売電価格が減額されそう?

大きくは、設置費用の下落と政権交代による方針転換が要因です。先般、来年度の売電価格を決める「調達価格等算定委員会」がスタートしましたが、決定権を持つ経産相からは、現状の42円に対して、来年度は「30円台後半」の発言が飛び出しました

上で述べた、費用下落を背景に「出費が一割減るんだから、収入も同様に減らす」という考え方。太陽光発電先進国のドイツあたりでは、すでに売電価格が買電価格を下回っているというくらいですから、これは止められない流れなのでしょう。


③導入時の補助金も不透明な印象。国につられて県や市町村も…

太陽光発電の導入時は、条件を満たせば国から補助金が給付されます。こちらも設置費用の低下を理由に、今年度は減額されています。そこからさらに、設置費用が安くなっているワケですから、同じ論法で考えれば減額の可能性は十分に考えられます。

また、7月の再生エネ法以降、メガソーラー申請は想定を大きく上回ったものの、住宅用の太陽光発電は、反対に大きく下回る状況。準備した予算が、使われなければ減らされてしまうのは当然の流れです。

安倍政権の方針が、家庭用太陽光発電の普及をあまり重視していなさそうなところも気になります。先日、首相の方針を受けた経産省 25年度予算概算要求が出されました。再生可能エネルギーへの取組はしっかりとやっていくようですが、自民党だけに、公共事業的な大規模なモノが目立つ印象。当ブログでも触れた洋上風力発電をはじめとして、風力発電の開発にガツンと予算をつけたいようです。太陽光発電は連系型(電力会社に売電できる)ではなく、自家消費のみの独立型の普及を新たに目指していくようです。我われと直結する、一般家庭向けのものでは、高性能建材(省エネ住宅用)やゼロエネルギー住宅用の予算は強化されているようですが、個人用の太陽光発電の普及にはあまり公費をかけるつもりがないのかもしれませんね。

国の補助金に加えて、県や市町村でも補助金を設けているところがありますが、旗振り役の国のテンションが下がれば、自治体も追随していくでしょう。実際、太陽光発電の普及を目玉政策にしていた神奈川県が、緊縮財政を理由に、早々に来年度からの打ち切りを公表しています。


④今年度の補助金は余裕あり、まだまだ間に合う!

見通し暗い来年度ですが、残すところわずかとなった、今年度については追い風の状況です。わが家が太陽光発電導入に動き始めたのも、3年前のちょうど今時期。3月の年度末までには、なんとか申請できました。当時は、国の補助金が補正予算のワクでしたし、自治体の補助金はとっくに終了した後でした。今年度の補助金は余裕がありそうで、太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)のページを見ても補正予算の表示はありません。また、神奈川県を筆頭に、自治体補助金も、まだまだ申請可能な状況です。

J-PEC webページ
http://www.j-pec.or.jp/


自治体補助金の状況一覧
http://taiyoseikatsu.com/ssnews/


⑤設置費用と補助金、そして、売電価格のバランスは今年度がベストなのでは?

補助はあくまで、出費に対して行うもの。設置価格の下落に合わせて、補助も絞るーというのは、正しい在り方なのでしょう。
でも、導入する我われからすれば、身銭を切って投資するわけですから、少しでも利益につなげたいと思うのが人情ってモンです。出費も下がるが補助も減るでは、ちょっと気分が上がりませんよねえ〜ただでさえ、納税者の特権を実感できる機会は少ないのですから…
というわけで、補助金や売電金額が見込める今年度中に駆け込んで、もらえるモノはもらっといた方が良いのでは?と思うのです。
ま、あくまで私見ですから、みなさんの選択の参考にしていただけたら幸いです。やっぱり最後はご自分の判断ですよ〜^ ^
私の場合は勉強不足で、見事に外れてしまいましたが…あはは。T_T

わが家の導入時の顛末はコチラ
http://smallsolar.web.fc2.com/michinori.html


選定の際は、くれぐれも相見積もりを忘れずに!まずは、そこからスタートです!!


後悔しないための「太陽光発電導入時の5つのポイント」につづく!

●おすすめエントリ
太陽光発電&エコキュートの導入効果は約3割の省エネ!
http://smallsolar.web.fc2.com/sub-shonendo.html


東京電力が値上げ③…それでも太陽光発電やオール電化、導入した方がおトクなの?
http://hug-hug.way-nifty.com/blog/2012/05/post-f3d2.html





Posted from Drift Writer on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

太陽光発電の補助金打ち切り?(神奈川県) ・導入を検討している人は今がチャンス!


神奈川県の太陽光発電補助金が、来年度より打ち切られるそうです。緊急財政対策の一環として県が進めている、補助金全般の見直しを受けて、11億2800万円という突出した金額が標的になってしまったようですね。

「神奈川からのエネルギー革命」を掲げた黒岩知事体制の目玉的存在だったのだけど、2万4千件の利用見込みに対して、給付実績はなんと半分以下にとどまりそうな雰囲気…笛吹けど踊らず みんな使わないんだから、まあ、仕方ないですね。私が設置した2010年のいま時期は、枠が残ってなかったけどね…もったいないことです。

神奈川県としては、今後は「屋根貸し発電」を強化するそうです。黒岩さんって、ホントに孫さまが好きなんですね。



◉市町村の補助金や売電価格も減少傾向か?

旗振り役の県が降りてしまう来年度。市町村もそれに追随することは十分にありえることです。財政に余裕がないのはどこの自治体も同じですから…さらに、国の動きも気になるトコロ。先般、来年度の売電価格を決める「調達価格等算定委員会」がスタートしましたが、決定権を持つ経産相からは、現状の42円に対して、来年度は「30円台後半」の発言が飛び出しました。この調子では、頼みの綱の国の補助金もどう動くのかわかりませんね。煽るわけではないけど、太陽光発電は決して安くない買い物だから、もらえるものは、もらえる時に、もらった方が良い

ただ、わが家のように、次年度は買取価格と国の補助金が下がると思って、県や市町村の補助金をもらえないのに、ムリして滑り込みで導入したら、買取価格も補助金も全く変わらなかった…という、まぬけなコトもあるので、何とも言えませんが^ ^

わが家の導入時の顛末はコチラ
http://smallsolar.web.fc2.com/michinori.html



◉だから、市町村の補助金が残っている今がチャンス。でも相見積もりは忘れずに!

県の補助金状況がそんな具合ですから、県に言われて補助金枠を増やした市町村にも、今年度は余裕があるようです。県のホームージ を見ると、相当数の市町村が受付可能となっている様子。わが街、横須賀のように市の補助金は終わっていても、県の分は受け付けているので、国の補助金+αの金額にはなるでしょう。 以前のエントリで取り上げた、かながわソーラーセンターの設置プランを例に取ると、

私オススメの「ソーラーフロンティア」社パネルの2面設置
国の補助金込の設置費用は約130万円(3.36kw)
まだ申し込める市町村のうち、kwあたり給付と給付上限が最も市民思いの藤沢市の補助金は、

市の補助金 3万円×3.36kw=上限の10万円

県の補助金 1.5万×3.36kw=約5万円

となり、
総額で、15万円引きの115万円!kwあたり単価は約34万円…わが家の半額以下です(T ^ T)

結構いいセンだとは思いますが、上には上があるように、下には下があります。必ず、相見積もりはしてくださいね。どこの業者でも県や市町村の補助金はもらえますから…わが家のように、行き当たりばったり慌てて決めると、高い買い物になりますよ、きっと。

今は便利なサイトがたくさんあるので、複数業者から見積もりを取るのもとってもカンタン。いい時代になりました。

太陽光発電システム販売業者より最大5社の見積りを一括でお届け!

◉「楽天ソーラー」は必ず検討してみよう!

相見積もりの一環として、検討材料に入れるべきなのは「楽天ソーラー」。とにかく、安いです。シャープ製パネルを使っているのに、安価な海外メーカーのパネルにも対抗できる低価格。上記の3.36kw相当のパックは、国の補助金込で約115万円。もちろん、市町村の補助金も使えますから、藤沢市場合は約100万円で太陽光発電がついてしまうことになります。kwあたり単価は約30万円です!もう、何も言えません。その他、太陽光発電ユーザーの気持ちにぐっとくる「雨の日ポイントサービス」なんかもあって、個人的にはイチオシの選択肢です。

まずは、カンタンなシミュレーションから。個人情報の入力も必要ないので、気軽にお試しできますよ^ ^



◉こちらのエントリもぜひどうぞ!
神奈川県の太陽光発電相談窓口「かながわソーラーセンター」は、おトクなのか<後編>
http://hug-hug.way-nifty.com/blog/2012/01/post-eeac.html


(ほんとーに)『ソーラーパネルは黒がいい!』のだ!と、やっと言い切れちゃいそう…ソーラーフロンティアの評判は真実!? http://hug-hug.way-nifty.com/blog/2012/04/post-060a.html

楽天ソーラーがすごい!
http://hug-hug.way-nifty.com/blog/cat23365130/index.html



Posted from Drift Writer on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エコキュートの沸きあげ設定を変更しました…エコキュートのしくみとメリット



大寒を過ぎたとはいえ、一年で最も寒い今時期。特に朝晩の冷え込みは、温暖な横須賀でも結構コタえるようになりました。わが家のエコキュートも、湯切れで日中に沸きあげるようになったので、モード設定を『深夜のみ』に切替えました。これだけでは「なんのこっちゃ?」という感じなので、エコキュートのしくみからご説明したいと思います。





エコキュートは、エアコンの室外機と魔法瓶がセットになったようなモノ

ヒートポンプという言葉を聞いたことがある方は多いと思います。エコキュートは、このヒートポンプでお湯を沸かす電気給湯器です。そして、ヒートポンプとは、空気中の熱を圧縮(正確には熱媒を圧縮)することで高熱化させるものです。

例えば、外気温が15℃ならば「15℃分の熱」空気中に含まれているわけです。それを取り込んで、コンプレッサー(圧縮機)で圧縮するとさらに高温になるんだそうです(なんと100気圧130℃!)。その熱を水道水に伝えて、90℃以上のお湯を沸かす…ま、冷やすためのクーラーや冷蔵庫と逆の原理です。こちらは、冷媒を膨張させることで、空気を冷却するワケです。文系の私にはこんな程度の説明しかできませんが、ご容赦を^ ^ご興味がある方はこちらのホームページがわかりやすいです



わが家のエコキュートは日立製BHP-F37GU

というわけで、エコキュートには、写真右側にあるようなエアコンの室外機にしか見えないキカイがついています。エコキュートの消費電力のほとんどは、このキカイの「熱媒の圧縮」に使われます。寒い時期は外気温も水温も下がるので、当然多くの電力を必要とします。


エコキュートは寒い地域が不得手?

そして、左側の長細い物体が「魔法瓶」=貯湯タンクです。エコキュートはガス給湯器のように、使いたい時に瞬間的にお湯を沸かすことができません。なので、みんなが寝静まった深夜に、粛々と翌日使う分のお湯を沸かして貯めておき、蛇口をひねると、水道水と混ぜて適温のお湯を供給する、というワケなんです。実は、この「お湯を貯めておく」というのが寒い時期には結構なロスをを生み出します。簡単にいえば、お湯が冷めてしまうんですね_| ̄|○

お湯を貯めておく貯湯タンクを「魔法瓶」と書きましたが、せっかく電力を使ってつくったお湯(熱)を出来るだけ逃がさないように、上位機種では真空断熱などの工夫がされています。わが家のエコキュートは、残念ながら普及タイプ。断熱材が発泡スチロールだから、ちと冷めやすいんですね。それを補うために、より多くのお湯が必要になってしまうんです。寒冷地では、屋内にタンクを設置するそうですから、この放熱ロスはバカになりません。



とはいえ、湯沸かしにかけては、相当の省エネ。コスパも結構良くなってきました!

冬季はヘタレなエコキュートですが、元来、非常に効率の良いキカイ。ヒートポンプの働きで、投入エネルギー(電力)に対して、得られる熱エネルギーが3倍以上と相当な働きモノです。給湯器といえば、旧来からのガス湯沸器、最新では燃料電池で給湯しながら発電するエネファームとよりどりみどり。イニシャルコスト(購入代金)とランニングコスト(月々の光熱費と修理などの維持費)のバランスで考えると、個人的にはエコキュートが一番だと思っています。ガス給湯器はランニングコストが高いし、エネファームは魅力的ですが、大仰すぎるのと、給湯量以上は発電できなかったり、何よりまだまだ高価すぎて、イニシャルの回収ができない…エコキュートは価格が随分とこなれてきたようなので、電気代が上がったとはいえ、十分回収が見込めると思います。特にプロパンガスを使っているお宅だと、切り替えるメリットはさらに大きいと思いますねえ〜

エコキュートの導入には、時間帯別電灯契約(東京電力では電化上手)にして、夜間の安い電力を給湯にあてるのがフツウですから、昼間に活躍する太陽光発電との相性もバッチリです。


電気代が上がってもオール電化がおトクな試算はコチラ
http://hug-hug.way-nifty.com/blog/2012/05/post-f3d2.html


わが家のエコキュート&太陽光発電の実績データはコチラ
http://smallsolar.web.fc2.com/


太陽光発電は1にも2にも相見積もり!


Posted from Drift Writer on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

太陽光発電設置後、はじめて雪が積もりました

2011年4月の発電開始以来、1年半以上が経ちましたが、今日が初めての積雪となりました。温暖な横須賀で積もったくらいですから、東京では、かなり本格的に雪が降り、電車が止まったり、遅れたり…大変な一日でした。



発電量はご覧のとおり、当たり前ですが、ゼロです。横須賀では途中から雨に変わり、太陽光パネルの雪は溶けてしまったのでひと安心です。

外気温が下がっているため、エコキュートの湯量が心配。止むをえず日中に沸きあげて夜の入浴に備えました。発電がゼロなのに、電気代がかかって困りますねえ(ーー;)

こんな日は、全くもって、太陽のありがたみを実感します。





Posted from Drift Writer on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

話題の「ダイオウイカ」は無理でもヤリイカなら…初心者も楽しめる釣りモノです。

 

NHKスペシャルで「ダイオウイカ」を観ました!
 船釣り風に言えば「冷凍ソデイカ泳がせ」釣り。600mというタナもバッチリあって、見事食わせに成功!といったところでしょうか?ダイオウイカの捕食シーンの動画は世界初、しかも23分間かぶりつき。CGと見まごうような綺麗さでしたが、ホンモノなんでしょうね、やっぱりNHKですから。イカの重みで潜水艇が沈んでいくシーンなんかは、海洋パニック映画のノリもあって、ちょっとドキドキしてしまいました。
ちなみに、再放送予定は1月17日(木)0:25~1:23だそうです。見逃した方はぜひ!サカナに興味がない方でも楽しめること請け合いです^^



 ●ダイオウイカって、実はヤリイカの親戚?今なら狙い目だ! 
さて、このダイオウイカ。映画『パイレーツオブカリビアン』でメジャーになった「クラーケン」のモデルとも言われている巨大イカですが、ウィキなんかを見てみると、実はヤリイカの仲間らしい。 3.5mのイカは無理でも、40cmのヤリイカなら州崎沖で釣れますね~。ヤリイカを食べながら、深海のロマンに思いをはせちゃったりする、なんてのもオツなもんです^^ 今シーズンの模様はまずまずの様子。私も番組を見てたらムラムラと行きたくなってきちゃいました。大津の小川丸さんでは、釣ったイカの泳がせで大鯛も上がっているそうですよ。行きたいけど…しばらくは休みが取れそうにない(TT)


●イカ釣り初心者おすすめは「長井・栃木丸」 
冬のイカ釣りって、水深も深いし、船つり初心者には敷居が高い感じもしますよね。でも、一度体験してみると、そんなに難しい釣りではありません。えさ付けがないし、コマセもない。仕掛けが太いので、落ち着いてやれば、思ったより扱いもラクですから。
道具も初心者の王道「ビシアジ釣り」の代用で、できないこともないんです。道糸だけは300M以上欲しいところですが、錘は同じ120号くらいなので。もちろん、数を揚げるには相当の年季と道具立てが必要ですが、とりあえず釣りたてのイカを食べてみたいという欲望は、そんなに投資をしなくても満たすことができるハズです。
周りに教えてくれる師匠もいないイカ釣り初心者の方におすすめなのは「長井・栃木丸」さん。私も数年前に行ったのですが、なんと「イカ釣り教室」がある!私のように師匠不在で、下手なくせに1人釣行する人間には、安心して申し込めるシステムですよね。船長自ら、手取り足取り釣り方を教えてくれるのはもちろん、同乗の先輩方からも「こいつ初めてだからなあ」とわかってもらえるので、安心してトンチンカンな所業もできるってもんです。お約束の大おまつりをやらかしたときも、笑ってながしていただきました…^^レンタル道具や仕掛けの販売もバッチリですよ。

 イカ釣りは、シャクリ続ける釣りなので、結構体力はいりますが、イカが乗ったときのズシンとくる感じはサカナ釣りでは味わえない感覚。これはこれで、ヤミツキになってしまうのがわかります。釣りたてのイカは、めちゃくちゃウマイですし!あー州崎にいきたくなっちゃったなあ、もう。 

ダイオウイカには使えませんが、フツウのイカならこの道具↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

先月はソーラーフロンティアやや不調…ソフトバンクの太陽光発電実績 2012.2月〜12月

継続的にトレースしている、ソフトバンクの北海道太陽光発電試験場の発電量比較です。メーカーごとの設置容量のバラツキが少ない、苫小牧エリアに絞って比較しています。




※1 各社とも設置パネル1枚の公称最大出力(w)
※2 苫小牧試験場2ヶ所合計の設置容量(kw)
※3 SBエナジー公表値(1kwあたり発電量)の苫小牧試験場2ヶ所合計の累計(kw)

今回は2〜12月の累計です。先月は動きがありました。特に内陸部の発電量にバラツキがありましたので、雪の影響でしょうか?
単月の発電量も掲載しました。わが京セラとシャープが大健闘!産業の方が厳しい環境に強くできてるんでしょうかね。気になるトコロです…

1位 ソーラーフロンティア
2位 シャープ
3位 京セラ
4位 三菱
5位 パナソニック
累計実績の順位は変わりませんが、降雪はこれからが本番。ひょっとすると、ひょっとするかもしれません。今後の動きが楽しみです^ ^



太陽光発電は、一にも二にも相見積もり!

Posted from Drift Writer on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

ネイキッドなiPadカバーを改め、MacGizmo iCross for iPad 2 もちろんRetinaにも対応!を試す

明けましておめでとうございます!昨年の紅白は美輪明宏さんがとてもステキでしたねえ。芸とはなにか、実力とは何を指すのかをガツンと示していただいた気がします。彼に比べたら、私なんぞはまだまだヒヨッコ。慢心することなく進み続けなければ!と思った次第です。



さて、新年一発目のエントリは、iPad Retinaのカバーのハナシ(前段とだいぶテンション違いますね^ ^)。
いままで使っていたiPad2のカバーは、

●背面カメラを使える
●カバンからすぐに取り出せる
●これ以上大きく厚く、そして重くしない

ことが重要だったので、 eggshellとかIRUALなどを使ってきました。でも、わずか1年半で故障してしまったのは、パフパフしたケースを使わなかったからかもしれません。そこで、今回はブックタイプのカバーを試してみることにしました。

●アンケート懸賞で貰ったMacGizmo iCross for iPad は安心感がGOOD!

ロルバーンのノートのようにゴム付き、しかしカメラの穴が…ない。画像撮る時は、カバーから外せってことですかね。四隅ゴムがカッチリしてるので、一度装着したら外したくなくなります。実際、iPad2の背面カメラを使っていた時は、ケースから外すのがいちいち面倒なので、ずっとストックしたままでした。


ゴムはしっかりしていて、ヘタりにくい感じ。表裏ともパッドが入ってパフパフなので、合皮ながら手に持った感触はグッド。色は…まあ、頂きモノですから…^ ^

電源ボタン、ヘッドホンジャックもちゃんと干渉しないようになってます。

当然、カバーしたまま充電OK!

風呂フタでないのが好印象。一応スタンドにもなるし。このカバーの良さが一番わかるのは、折り込んで膝の上でタイピングする時。フリップの裏(グレーの面)が起毛になっているので、ずり落ちにくいんです。

重さはともかく、厚いしデカイけど安心感は雲泥の差。今までのような使い方だと確かに寿命も短くなりますよねえ、と改めて粗忽な自分を反省。因みに総重量は881g。iPad本体が662gなので、ケースの重さは219g。
iPad2より合計で150gほど重くなってしまいましたが、今回は安心感優先で、長持ちさせたいと思います。

●素朴な疑問。iPadのカメラをグレードアップする必要ってあったの?
以前はiPad+ガラケーだったので、iPadのバックカメラが重宝しましたが、今はiPhone4s+フォトストリームで全てをまかなえてしまいます。せっかくのiSighカメラですが、買って1ヶ月ほど経ちますが、1回も使ってません。iPadは持たないことはあっても、iPhone無しで外出することはないので、iPadのカメラが出動する本当に機会は減っていると思います。強いて言えば、iPhoneがバッテリー切れの時の代打かなあ。iPhoneとiPadをセットで使わせることを前提に考えると、iPadに高性能のバックカメラを付けるのは、ちょっとスペック過剰な気もします。フロントカメラはビデオチャットなどで必要かもしれませんが…。バックカメラ無しモデルも選べるようになるといいですね。その分、安くしていただいて…

本年も頑張って更新してまいります。どうぞよろしくお願いします。




Posted from Drift Writer on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »