« 太陽光発電導入2周年。でも、3年目初日から、いきなり0kwh!(T . T) | トップページ | 3月の発電ランキング »

2012年4月18日 (水)

ソーラーフロンティアは雪にも強いの!?ソフトバンクが太陽光発電実績を公開

Click here to add a title

ソフトバンクが、太陽光発電各社パネルの発電量を生データで公開しています。昨年末、北海道の帯広市と苫小牧市に、太陽光発電試験場を設け、国内外10社のパネルの発電量データをWeb上で確認できるようになっています。

「どのメーカーのパネルが、どれだけ発電するのか?」太陽光発電に興味がある方なら、誰もが気になるハズ。でも、一般家庭では、別々のメーカーを同時に設置することは現実不可能だし、他のお宅の実績を参考にしようにも、エリアや方角が自宅とは違っていたりと、「ホントのところ」は意外とわからないものですよね。

ソフトバンクの試験場なら、同条件で計測されているだけに、実際の発電能力が一目瞭然!と思いきや、ちょっと気になる点も…。というのも、パナソニックのHITパネルの実績が低いからなんです。

3地点合計で一位のソーラーフロンティアについては、スペック以上の性能であることを、当ブログでもイロイロな角度から検証してきました。シリコン多結晶以上の発電量なのは間違いなさそうですが、HITパネルをも上回る実績となると「うーむ」となってしまいます。というよりも、むしろHITパネルの発電量が低すぎる印象です。

SB1
SB2

私のWebでも実際の発電量を元に、追跡比較をしていますが、CISパネルがHITパネル以上の発電量を示したことはありませんでした。ましてや、HITが多結晶にも負けてしまうなんて…。太陽光発電導入の際、費用が折り合わずに泣く泣く多結晶でガマンした身としては、割り切れないものがあります(それがホントなら良い選択だったわけですが)。

もっとも、私の比較方法は、生データを元にしているとはいっても、シロウトのお遊び程度のもの。「同条件での発電データ」ほどには、真実味を感じられないかもしれません。ただ、かなりシビアに算出しているメーカーの発電量予測で比較しても、ソーラーフロンティアよりHITの方が上だったことを考えると、ナンデ、イッタイ?…と。

原因をいろいろ考えていく中で、ひとつ思い当たったのは雪。ソーラーフロンティアのCISパネルは陰の影響を受けにくい特性があります。一部分に雪が残ってしまった場合、他のパネルに比べて、出力の低下が少なかった…のか?

SB3

HITとこれだけ差をつけたソーラーフロンティアのパネル。メーカー側の「雪に強い」との主張も、あながちウソではないのかも…。実に興味深いデータです。今後の推移も見逃せませんね!


←ソーラーフロンティアの見積りなどはこちらから!

ソフトバンク太陽光発電データ公開のWebページはこちら
http://www.sbenergy.co.jp/PVMS/


このエントリーをはてなブックマークに追加

Sun web『ちっさいお屋根のちっさい太陽光発電…しかもガス併用。』もよろしく
生データから各社パネル別の実力を探ってみました。購入検討中の方必見です




Posted from DPad on my iPad

|

« 太陽光発電導入2周年。でも、3年目初日から、いきなり0kwh!(T . T) | トップページ | 3月の発電ランキング »

★ソーラーフロンティアがとても気になるもので…」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556542/54500785

この記事へのトラックバック一覧です: ソーラーフロンティアは雪にも強いの!?ソフトバンクが太陽光発電実績を公開:

« 太陽光発電導入2周年。でも、3年目初日から、いきなり0kwh!(T . T) | トップページ | 3月の発電ランキング »