« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月28日 (水)

念願の仁徳天皇陵の実物みるも、外堀だけ…

Click here to add a title

今年最後のエントリは大阪から!

念願の「仁徳天皇陵」を見てきました。「念願」と言っても、別に遺跡好きというワケではないんですけどね…
数年前から仕事で大阪に行くようになりまして、新幹線で新大阪に着くと、御堂筋線という地下鉄で市街にはいることが多いのですが、その御堂筋線の行き先に「なかもず」とある。
「これは、中学校の教科書で見た仁徳天皇陵のキャプションにあった"なかもず"に違いない」
この地下鉄で行けるのかと思うと、何か無性に行きたくなってなってしまったのです(今回は御堂筋線でなく南海高野線の三国ヶ丘という駅から行きました)。その後も、2〜3ヶ月に一度は大阪に行っていたのですが、なにぶん仕事ですから、スケジュールはいつもパンパン。「ちょっと寄り道…」も叶わず、ずいぶんと経ってしまいました。今回は若干余裕があったので、数年来のもくろみを果たすことができました!(そんなに大げさでもないんですけどね)

で、撮れたのが上の写真。

空から見れば見事な前方後円墳も、地面からはただの森かしら?なんて思ってはいたのですが…これほど見えないとは(T ^ T)
御廟本体と言いますか、鍵穴(逆さ鍵穴が正しい?)型の周りの堀はひとつだと思っていたら何と3重になっていて、当然その間には木が茂っているわけで、歩道橋の上からでもほとんど見えませんでした…

Click here to add a title

わざわざ見に行ったのに、何でそんなトコロから?と言いますと、iPadを持っていながらマップを見なかったため、正面参拝所とは真反対の場所に‥。そこから片道20分、往復約1時間はちょっとしんどくて、今回はお足元からの拝観で良しとしました。

Click here to add a title

それにしても、大きい。一周3km…当時の技術だと一体何年かけて作られんですかね?実際目の当たりにすると、ダイナミックさとか空気感とかが感じられて、遺跡好きが多いのも納得してしまいます。次回はぜひとも、正面から見てみたいと思いました。

今年も残すところあと3日。拙い文章を読んでいただいた皆様、本当にありがとうございました。来年は「何かしらに役立つ」内容を増やせれば良いなあ、と思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。<(_ _)>
では、良いお年を!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月26日 (月)

 iPad2キャンペーンの100MBについて考える <後編>「100MBまで0円」でも100MB分は使えない!?

前回のエントリでは、ソフトバンクの記載どおり1パケット=128バイトで、MB単位に換算して検証してみましたが、実際の課金はパケット単位になっています。

Click here to add a title

つまり「ゼロから定額」は「100MBまで0円」と謳っているけれど、正確には「819,200パケットまで0円」と捉えるのが正しい。なんでワザワザそんなことを言うのかといえば、1パケット=128バイトは、あくまで最大値であって、ユーザーが実質的に使用できる量は128バイト未満だからなのです。

Click here to add a title

このパケット通信なるもの、携帯電話のデータ通信だけでなく、インターネット全般がこの方式だそう(今更ですが…)。携帯電話でネット接続ができるようになったとき、「データを小分け(小包の意で“パケット”)にして送受信する方法」ということくらいは聞いていました。が、今回改めていろいろ調べてみると、送付先のアドレスとかパケットの順番とか、パケット方式に必要なデータも全部含めて、1パケット=128バイトなんだと知りました。そういう仕組みである以上、私たちが送りたいデータは、必然的に128バイト未満になってしまうワケです。
「100MBまで0円」と言われて、ピッタリ100MBバイトのファイルをダウンロードしても、上記の理由でパケット数は819200を超えてしまいます。「データは100MBなのに、なんで0円じゃないのだ?」という事態もおこることでしょう。

これって、結構困りませんか?

困りながらも百歩譲って、それは仕組みだから仕方が無いと納得したとしても、次にお話するような考えはどうでしょう?

極端な例ですが、全角で「あ」だけのメールを送っても、パケット通信の仕組み上1パケットとカウントされます。「あ」=2バイトですから、1パケット=128バイト→128-2=126バイトが使われないまま、「あ」ばっかり送り続けた場合、819,200通目までが無料となります(実際はアドレス情報などでデータ量はかさ上げされますが)
でも、その時の実質的なデータ使用量をMBに換算すると…
2×819200=1638400バイト→約1.56MB(ユーザーが送った実質的なデータ量)
ま、言いが掛かりとしか言えない試算ですが、こういうことが起こりうるのもまた事実。そもそも、1パケット=128バイトで置き換えていること自体に、不透明感がユラユラと漂っちゃうワケです。他の携帯キャリアはそんなことやってませんよねえ。なんでわざわざ、ツッコミどころを作らないと気が済まないのでしょうか?自分で自分のネガティブキャンペーン張ってどうするのかと思っちゃいます。

Click here to add a title

私はいちユーザーでしかないので、専門的なことや業界の常識なんかはわかりませんから、仕事として携帯電話業界に携わっている方々から見れば「そんなにアコギなことではない」という見解もあるかもしれません。でも、ユーザーからしてみれば、100MBと言われたら、100MB分使いたいわけです、単純に。それができないことがわかっているなら、そう謳うべきではないはずです。

パケット方式自体は、限られた通信回線を効率的に活用する優れた技術であるようですし、ネット全体で他の方式がない以上、ユーザーとしては「イヤだったら他を選ぶ」というわけにはいきません。だからこそ、仕組み上どうしても越えられないことならば、ちゃんと説明すべきではないのでしょうか?(契約書には書いてあるのかもしれませんが、少なくともwebには見当たらなかった)。それとも、明確なMB単位の利用明細(128バイト換算ではない)を出してくれるんでしょうかね?その辺は非常に興味があるところです。

一事が万事。最近のソフトバンクにはそういう「ユーザーサイドに立っているようで、実はそうでもない」部分が目立ってきたように思います。「東京デジタルホン(旧い)」時代から使い続けてきた身としては愛着もあるので、そろそろちゃんと商売していただけませんかね?
ホントに掘り下げれば掘り下げるほど、気分がサガがります。それでも、iPhoneを買う時はソフトバンクで!と思っているお人好し(自分のこと)が「ああ、やっぱりSBで良かった」と思えるような企画をぜひお願いしたいものです。

ユケ・ユケ・ソフトバンク、顧客の気持ちを考えながら!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

iPad2キャンペーンの100MBについて考える<前編>100MBってどんだけナノさ?

何回も書いております「iPad2ゼロから定額キャンペーン」ですが、ちょっと心配になりまして調べてみました。
何がって?
ホントに100MBなんてすぐにイッちゃうのか?
についてです
「データ通信使用量が100MB以内なら0円」は、実際の使い方では、あり得ないと言ったものの、果たしてそうなのか?
スミマセン、感覚でモノを申しておりました。「ひょっとして、実は0円イケちゃうのかも…」と心配になりまして、自分の使用量を調べてみました。

pake-byte

7月〜11月までの153日間で6514MB
1日あたり42.6MB となりました
私のペースだと3日目にはオーバーしてしまいます
この料金プランだとデータ使用量が111.5MB超えで最大金額ですから、同日に上限の4980円達成です。 オマケにWi-Fiスポットの使用料もかかるので、合計5785円です
これは困ります。

SB-2

一方、データ定額プランだと4410円ポッキリ。Wi-Fiスポットは無料、かつキャンペーン価格でウェブ使用料も無料だからです。
こちらだとiPad2のみで契約している私の「for everybodyキャンペーン」よりもお安くなるので、iPhoneユーザーへの優遇という感じがしますね。
年間1260円くらいですが…

と、思わせるためのマキエなのでしょうね、たぶん

なんてコトを言ってるうちに、
そもそも、まるまる100MB分使いきることは、理屈上出来ないのでは?
と思い当たってしまいました。
ご興味のある方はこちらへ↓
http://hug-hug.way-nifty.com/blog/2011/12/ipad2100mb-2100.html

12/26



Posted from DPad on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月23日 (金)

冬至にふさわしい?発電量でした

Click here to add a title

最近、孫さまにかまけ過ぎて、メインテーマである太陽光発電がほったらかしになってました。
さて、昨日は冬至。カボチャを召し上がったり、ゆず湯につかったりと、皆さん楽しまれたことと思います。ご存知の通り、冬至は一番昼が短い日。これからは日が伸びる一方ですから、晴れの日が楽しみになってくるってもんです。
冬来たりならば、春遠からじ、ですね。



Posted from DPad on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月22日 (木)

COP17終了。とにかく前を向いてがんばろう!

Click here to add a title

地球温暖化対策を話し合うCOP17ー国連気候変動枠組み条約第17回締約国会議(長いですね…)が終わりました。「チーム-6%」(今は民主党がチャレンジ25にしちゃいましたが)の元である「京都議定書」の期限が今年末で切れてしまうため、その動向に注目していた方々も多かったはず。報道によれば、揉めにもめて2日間も延長した挙句、一言でいえば「持ち越し」で幕切となった様子。
注目すべきは、協調好きの日本が議定書延長への参加を拒否したこと。あんなに騒いでいたのに、来年以降は削減義務なし…コレって結構すごいことではないですか? 先の震災で、原発の危険性が高まり、火力など二酸化炭素を排出する化石燃料タイプの発電量を増やさないと立ち行かないこと。排出量削減には、設備投資や排出権取引などでさまざまなコストがかかるため、国際競争力が低下するという、産業界の圧力も反映されているのでしょう。
そもそも、日本のCO2排出量は世界中の6%ほど。例えゼロにできたとしても世界に与える影響は少ないし、今は目の前の復興に全力を尽くすべし。と言ったところでしょうか。もうなりふりかまっていられない、という姿勢は納得できますが、環境保護の旗印が無くなるので、近年経済の牽引役になってきた環境テクノロジー関連が迷走しないか、それはそれで少し心配です。今後は個人で気をつけていかないと、というところなのでしょうかね。
アノ中国も、今年発表した「第12次5カ年計画」では、2015年までに二酸化炭素を17%削減することになっているそうですから…ホントかな? それにしても、中国とかインドは発展途上国なんですかね?「1人当りGNI(国民総所得)が9,206US$未満を発展途上国」とされるそうですが、どちらの国も人口が多いので「1人当たり」で見ればそうなんでしょうけど、昨今の状況だと、日本の方が置いてかれちゃってるカンジですよね~
ま、まず、我々は目の前のことに取り組んで行くだけです
がんばろう、ニッポン!



Posted from DPad on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月21日 (水)

大変申し訳ありません!iPad2ゼロから定額キャンペーンは以前のモノとは少う〜し違いました

以前のエントリで「現行のiPad2キャンペーンは11月一杯までのものと同じ」と書いてしまいましたが、実は、少し相違点がありました。本当にスミマセン。

SB-2

上の表のように、「月額料金0円〜」は同様なのですが、以前のキャンペーンの方が現行よりも、iPad2を安く買える。ちょうど、Wi-Fiのみモデルの価格で3Gモデルが買える、そんな感じです。対して、現行キャンペーンは、iPad2だけを分割払いで買う時と支払い金額は変わりません。

ま、どちらの場合も「実質的に無料ではない」ことには変わりありませんが、違うものを同じと書いてしまったので、改めてお詫びいたします。 大変申し訳ありませんでした…<(_ _)>

お詫びといってはなんですが、次回は、本当に「ゼロから定額」はよろしくないのか?私の実績を公開しながら、少し掘り下げていきたいと思います



Posted from DPad on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月19日 (月)

11月の発電ランキング

Click here to add a title

恒例のソーラークリニックさんの発電ランキングです。

1395位中、1310位です。

おしりから6%と、ヤッパリ秋冬は厳しい結果です。頑張れ北北東パネル!

ともあれ、11月も発電は順調に機能しているようです。



11月期の発電・料金の実績を更新しました

Sun

Web『ちっさいお屋根のちっさい太陽光発電…しかもガス併用。』
もよろしく


ソーラーフロンティア(CIS)やパナソニック(HIT)パネルなど、生データで実力を検証中。購入検討中の方必見です!


Posted from DPad on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月16日 (金)

神戸のルミナリエ、終わるの早すぎ!

Click here to add a title

仕事で神戸に行ってきました! 有名なルミナリエを密かに楽しみにしていたのですが、なんと、12月12日で終了とのこと…(ーー;) 早すぎませんかあ? 地元有力百貨店D丸さんのクレームで、混雑するからクリスマス商戦前に終わらせろ!ってコトらしいのですが、なんか本末転倒って感じです。 仕方がないので、三宮駅前の歩道橋のイルミネーションです…



Posted from DPad on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月15日 (木)

復活!ソフトバンクiPad2キャンペーン。2週間の空白のナゾ…

えーと、以前のエントリで「iPhoneを買ったり、持ってたりするとiPad2が無料でもらえるかのように思えてしまう」キャンペーンについて書きました。11月一杯をもって終了したのですが、12月16日から復活するそうです。しかも、何の変更もなく、まんま同じ企画で。 ←実は少し相違点がありました。お詫びはこちら(12/21)


Click here to add a title

ただ、今回は、変な感じで2週間くらい空いちゃってるので、その間にiPad2を買ってしまった人にも、最初から適用するそうです。
大概は、企画の「ヌケ・モレ」のご指摘がTwitterで入り、孫さまが「やりましょう」とか応えるパターンなのですが、さすがに2週間前にやっていたことは覚えていらっしゃるようですね。 ただし、買っちゃった方への対応は、年が明けてから。だそうです。昨日はその但し書きはありませんでしたが…(画像参照)

もう…何というか、何も言えません。


Click here to add a title

果たして、好評だったので復活なのか?思ったよりハケなかったので、やり続けるのか?それとも「アレ・コレ・ソレキャンペーン」なのに、気がついたら、アレとソレしかなくなっちゃったんで「もう、コレいっとけ」的な…?うーん、多分コレかあ? え…ドレ?(´・_・`)

先月までのキャンペーン内容はこちらに http://hug-hug.way-nifty.com/blog/2011/10/iphone4sipad2-i.html

ソフトバンクさん、あまりに面白いので、カテゴリー独立させちゃいました! ユケ・ユケ・ソフトバンク!もよろしくです。




Posted from DPad on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPad2がカーナビに?Googleマップの渋滞情報(状況)スタート

Click here to add a title

マップアプリで保留機能になっていた「渋滞状況」が9日から使えるようです。Googleマップの機能追加に連動したようですね。
ちゃんと渋滞を加味した所要時間や「とにかく渋滞を避けてみましたあ!」的なルート提案もあって、一見、ナイス!って感じなんですが、よくよく見ていくと、案の定「?」なトコロも…
論より証拠で、実際に検索した画面をどうぞ。

月曜日の20時ごろ、皇居周りは渋滞(赤線+点滅)。意味は無いけど、一番町→新富町で検索してみると…

3つの経路が出ました!

地図上の経路名をタップすると、下部のダイアログの表記も変わります

経路1 首都高使って7kmを17分で行くコース→時速25km
渋滞時の表記が‼

Click here to add a title

経路2 高速使わず最短距離4.4kmを14分で行くコース→時速19km
ココも渋滞しているのでは?

Click here to add a title

経路3 とにかく渋滞キライな人用9.3km15分→時速37km

Click here to add a title

どう見ても、お金も時間も最少な経路2がオススメだと思うのですが、経路の提案順は、強いて言えば「北」から?個人的には経路3みたいな提案大好きなんですけどね。
今度、ドライブの時に使って見たいと思いますが、運転中だとやっぱりカーナビに軍配が上がるのではないでしょうかね(音声案内とか…)。都内でのタクシー移動で、時間ギリギリだあ!なんていうシチュエーションでは相当心強いかもしれません。

ところで、この渋滞情報は、iPhoneやAndroidの暗号化された位置情報をキャッチして、移動距離や時間から算出してるそうです。マップ上の赤い帯のところにiPhone持ってる人がゾロゾロ並んでると思うとちょっとコワイ…(-。-;
でもその分、vicsが設置されてない裏道もサポートしてくれるので、アドバンテージは大きいかも…ホンダのインターナビなども加入者の移動情報を元にしているそうだから、今後はやっぱりユーザー・データを元にしたタイプが主流になって行くのかもしれません。
素朴な疑問で、一般道の上の高速道路にいる人とか、道路に沿って走る地下鉄に乗っている人とか、平面上重なって見えるデータはどうやって区別してるんですかね?企業ヒミツなんですかね?
ヒミツといえば、位置情報は暗号化されているそうですが、暗号化できるならば、解除もできるはず。やっぱりなんかコワイですね。Googleでは大勢の行動を知ろうと思えば、できてしまうわけですから。
みんなが便利さを手に入れる代わりに、大企業の管理下におかれてしまう…そんな、よくあるハリウッド映画みたいな妄想にかられてしまうのはワタシだけなんでしょうかね?と言いつつ、位置情報をONにしている巻かれるワタシ。


Posted from DPad on my iPad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 8日 (木)

(ほんとーに)『ソーラーパネルは黒がいい!』のか? その4 ソーラーフロンティアの発電量【メーカー公表の発電量で比較】

公称最大出力はCISには不向きということで、もう少し現実的な数値で比較してみたいと思います。
今回は各メーカーが公表している「予測発電量」でランキングを作ってみました。我々ユーザーにとっては、スペックうんぬんよりも「いったい、どんだけ発電するのか?」が一番重要ですよね。わが家の太陽光発電の導入経験からすると、メーカーが出してくる発電予測は相当カタめで、最低保証に近い数値です。(設置したあとでクレームを受けたら致命傷ですから…)そんな発電予測の数値を、それぞれの搭載量で割って「公称最大出力(電池容量)1kwあたり」で比較しました。

設置条件は、すべて

方位:南面一面
設置角度:30°
設置エリア:東京

です。あと、補足をいくつか。
・パナソニックのデータは大阪市での計測なので、東京エリアに換算(大阪の方がよく発電するようです)
・三菱の最大容量は210wのパネルですが、発電予測を公表していたモノは200wだったので、そちらで比較

Hikaku125

ご覧の通り、公称最大出力ではビリだったソーラーフロンティアが大躍進!シリコン多結晶よりはイケると踏んでましたが、シャープ・三菱の単結晶をも蹴散らすとは…直近の価格相場はわかりませんが、従来、高い順にHIT>単結晶>多結晶>CISと言われていましたので、コストパフォーマンスからみても「恐るべし!ソーラーフロンティア」とまた言ってしまいます

←ソーラーフロンティアの見積りなどはこちらから!

それにしても、我が京セラの不甲斐なさが目立ってしまいますが、やはりシリコン多結晶はもはや過去の技術なのでしょうかね?京セラ同様、多結晶一本で市場を牽引してきたシャープも、最近では単結晶は発売するわ、化合物薄膜系で世界一の記録を出すわと、イロイロ革新的な動きをしているくらいなので…わが家はもう、付けちゃったので、どうにもならないんですけどね。


以下、メーカーのキャッチフレーズと発電予測のリンクを載せてみました。購入・比較の際はぜひご利用ください! 「でもやっぱり、生データで比較したい」という方は、こちらをご覧ください。

Sun web『ちっさいお屋根のちっさい太陽光発電…しかもガス併用。』もよろしく
生データから各社パネル別の実力を探ってみました。購入検討中の方必見です

東芝
「世界トップレベルの発電力」あながち誇張ではない?
http://www.toshiba.co.jp/sis/h-solar/why/powerful/index_j.htm

パナソニック
「業界最高水準発電量」ちょっぴり歯切れ悪い…
http://sumai.panasonic.jp/solar/module.html

ソーラーフロンティア
「新世代ソーラーパネルは黒の時代へ。」かもしれません!
http://sumai.panasonic.jp/solar/module.html

シャープ
「小さな屋根でも、大きく発電。」従来型に比較すればそうですね
http://www.sharp.co.jp/sunvista/inquire/simulation/compare/

三菱
「たっぷり。ながーく。」わが家が設置する時に菊池桃子さんのCMやってたら、三菱にしてましたね❤
http://www.mitsubishielectric.co.jp/service/taiyo/jutaku/what/area/

京セラ
「世界品質が実績に」耐久性の高さをアピール。ホントに壊れないと良いのですが…
http://www3.kyocera.co.jp/solar/app/simu/hp/step1.html

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年12月 5日 (月)

折りたたんでso good! サンワサプライのiPad用スリップインケース

1322407120960.jpg

iPadやiPhoneを手に入れると、間違いなく欲しくなるのが「カバー類」。

保護のためというのはもちろんだけど、やっぱり見た目が大事。iPadとかiPhone用はどれもオシャレなデザインなので、いろいろ目移りしてしまいます。でも、結構いい値段するんですよね〜コレが。アレもコレもと買える身分でもないので(T ^ T)、結局はよくよく考えて選ぶことに…

自分の使い方を考えた結果、以下のような条件を満たすものを探すことにしました。

①軽量であること

せっかくPCより軽い筐体を使っているのだからスポイルしたくない

②厚くならないこと

せっかくiPad1より薄くなっているのだからスポイルしたくない

③写真を撮る時、邪魔にならないこと

iPhoneを持ってないので、iPadのカメラで直接写真を撮りたい(相当ヘンな見え方だけど)

④意外と地味であること

iPadを見せびらかすのが、まだまだイヤミっぽかったり、オタクだったりと思われる仕事場なので

⑤カバンからパッと取り出せること

山手線の一駅でもイジれるように!

スマートカバーは、ものすごく気になっていたんだけど(特にキーボードを打つために横位置で角度をつけられる機能が!)①②③の理由から泣く泣く却下。きっとすぐ外してしまうのが目に見えていたので…

同様の理由でブックカバータイプもナシ。ってことで、以前のエントリでも書いたようにeggshell+ノングレアフィルムに決定。

でも、それだけだと保護の面から心許ない、と良さげなケースをあれこれ探して見つけたのが「サンワサプライのスリップインケース」。出し入れしやすい上にかさばらない。色をグレーにしてしまえば⑤の条件も満たして、なんともいい感じ。風呂フタ要らずの逸品です。

さらに嬉しいオマケは、画像のような使い方。折りたたんでマクラにしてしまえば、キータッチもしやすくなるってもんです。

あ、そんなのフツーに知ってたって?( ̄◇ ̄;)

使い始めは、かなり石油クサかったりするので注意!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月 1日 (木)

(ほんとーに)『ソーラーパネルは黒がいい!』のか? その3 ソーラーフロンティアの発電量【CISには不利な公称最大出力】

1322387380409.jpg

前のエントリの補足事項です

「公称最大出力」とは

1989年に制定されたJIS C8918で定められている「基準状態での最大出力の公称値」。太陽光モジュールは太陽光の強さや温度で発電量が変化するため、それらを同じ状態にして能力を測っているわけです。190wとか240wとか表記してあるものが、それです。

◉問題その1 「基準状態」が実勢にあってない

JIS C8918で定められた基準状態とは

・AM 1.5

・放射照度 1000w/m2

・モジュール温度 25℃

となっています。温度以外は何のことかさっぱりです。イロイロと調べてみると…


「AM」

エアマスと読むようです。太陽光線の大気通過量を表しているそうですが、分光分布といって届いた太陽光にどんな波長の光が入っているか、につながる指標のようです。いろんな種類の波長の光が多いほどよく発電するその時の太陽光度(日差しの角度)がポイントで、AM1.5の場合、太陽光度は41.8度となります。私が調べて限りでは、2月の平均的な南中高度となります



「放射照度」

日射量のこと。1平米に到達した太陽エネルギーを表しています。1000w/m2といえば、陽射しの強い夏の南中時に相当します



「温度」

結晶系モジュールは温度が上がるほど効率が低下します。1度上がると0.4〜0.5%低下します。夏期は気温が高いため、パネル温度は夜間でも20℃くらいありますし、一番暑くなる日中は75℃にもなってしまうようです。



以上のことから「基準状態」とは

・2月の日中の光線の状態で

・夏のお昼時の太陽が降り注ぐが

・温度は朝の6時ごろ


という、何とも現実味のない「状態」を指していることになります。イッタイなんの基準なのか?よくわかりません。

◉問題その2 「(シリコン)結晶系」の規格である

JIS C8918の規格名称は「結晶系太陽電池モジュール」。そもそも、特性の異なるCIS(化合物系)の性能を図るための規格ではないのですね。ただ、単結晶でも多結晶でも、特性が同じシリコン太陽電池どうしを比較する場合は、十分に目安として通用する規格と言えるでしょう。



ですから、CISとシリコン系とどっちが発電量が多いのかは、メーカーが公表しているデータだけではなかなか判断がつかないわけです。

ユーザー目線でいえば、どちらのパネルも実際の使用に即した条件で比較できる「基準」欲しいところ。太陽光発電業界に対するマユツバ的な不信感も和らぐのでは?と個人的には思ってしまいます。別に業界人ってワケではないので、大きなお世話かもしれませんが…(`_´)ゞ

次回は、もう少し現実味のある数値で比較して見たいと思います

メーカー公表の発電量で比較してみました

◉参考リンク…日本工業標準調査会 JIS C8918


| | コメント (0) | トラックバック (0)

(ほんとーに)『ソーラーパネルは黒がいい!』のか? その2 ソーラーフロンティアの発電量【公称最大出力で比較】

以前書いたエントリにご指摘のコメントをいただき、「ソーラーフロンティアの発電量は今やHITパネルに次いで第2位の実力」と教えていただきました!私のwebページでも、各社パネルの実際の発電量で継続検証していますが、同様の好結果が出ています。でも、CISパネルの場合、カタログ値(公称最大出力)には光照射効果が反映できないなどの影響で、実際の発電量より低くなってしまうようです。そこで、各社の発電量と比較しながら、ソーラーフロンティアCISの評判のヒミツを、数回に分けて確かめてみたいと思います。京セラユーザーのやっかみも混じってしまうかもしれませんが…(^^;;

◉まずはカタログ値(公称最大出力)で比較してみる

太陽光発電各社のHPをみると『業界最高水準の発電量!』とか『変換効率が世界No.1!!』とか華々しいフレーズが並んでいます。その根拠になっているのが、太陽光パネルの「公称最大出力」と呼ばれる値です。これは、JIS規格で定められている基準のもと、そのパネルがどのくらい発電するのかを表しています。主な国内メーカーのランキングは以下の通り。各社ともパネルサイズが違うので、1平米あたりの換算値で順位を決めています。同じメーカーでもサイズがイロイロあるところは複数掲載しています。

1322385697841.jpg

期待のソーラーフロンティアは残念ながらビリ。これだけを見てしまうと「ほんとーに、ソーラーパネルは黒がいい…のか?」と疑ってしまうのは私だけではない、ハズ。でもそれは、現在の「公称最大出力」の規格がCISの特性と合っていないから、、、と書いている途中で、ソーラーフロンティアHPの「光熱費黒字化計画」のページに、言いたいことはほとんど書いてあるとが発覚しました…( T_T)\(^-^ )


というわけで、メーカーの言い分を聞きたいという方はこちらのページヘ
ソーラーフロンティア「光熱費黒字化計画」

やっぱり実データで比べてみたいという方はこちらヘ
Sun web『ちっさいお屋根のちっさい太陽光発電…しかもガス併用。』

そして、「公称最大出力」がとても気になるという、興味とお時間のある方は、次のエントリーに進んでいただければと思います(_ _)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »