« エコキュートの設定を変えました | トップページ | 3月期のランキング決定 »

2011年4月18日 (月)

実は北北東でした

Kyou

京セラの新しい発電シミュレーションソフトのおかげで、今更ながらちょっとショックな発見を…。
わが家の発電予測が、実はもっと低かったことが判明(ーー;)

年間実績が出ているので予測もヘッタクレも無いけれど、ただでさえ「太陽光発電をつける意味あるのか?」と思われるほど、ちっさいシステムの我が家ですから、それが年間15kwhであっても少なかったとわかれば気分的に結構ヘコむわけです。

実は…屋根の方位と角度がビミョーに違っていたんですね〜
1年前のシミュレーションだと設置方位は45°単位、屋根勾配も15°単位の設定しかできず。
わが家は南北の2面設置ですが、少し軸がズレていたので、南西・北東で当て込み。屋根勾配も6寸=30°で考えていて
「北面の効率は悪いんだけど"東"かかってるから真北よりマシだよな…」
とか
「パネル方位は悪いけど、角度はベストな30°だから大丈夫」
なんて無理クリ自分を納得させたり。

でも、件のシミュレーションソフトだと16方位が設定可能で、屋根勾配も1°刻み。となると、より細かく調べてみたくなるのが人情ってもんです。図面を引っ張り出してよくよく見ると、屋根の方位は南南西と北北東で、勾配も30°ではなく、6寸勾配(31°)
「北北東ってほとんど北じゃん…」
「ベストな角度って5寸(27°)なんだ。30°がよいのだとずっと思ってたのに…」
この感覚は"南面1面4kwh!"なんて方にはなかなかわかっていただけないだろうなあ(T_T)

とはいえ、このソフト。スグレモノであることは間違いないのでせいぜい活用させていただきます。

web『ちっさいお屋根のちっさい太陽光発電…しかもガス併用。』もよろしく!

|

« エコキュートの設定を変えました | トップページ | 3月期のランキング決定 »

◆わが家の発電実績・光熱費推移など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/556542/51560367

この記事へのトラックバック一覧です: 実は北北東でした:

« エコキュートの設定を変えました | トップページ | 3月期のランキング決定 »